crossfire

キーワードの候補

2件

ゲーム

crossfire

くろすふぁいあ

Nethack などと並ぶ、Rogue 系派生ゲームの一つで、MMORPGMAngbandなどとならんでMMORPGの元祖といえるのではないだろうか。Angbandとは違い、日本国内では現在は廃れつつある。

画面は2D平面見下ろし型のRPGでリアルタイムの多人数プレイを採用。サーバUNIX系OSFreeBSDLinuxなどでもportsファイルとして、初期にインストールされるプログラムとして配布されていた時期もあったが、敷居の高さからいまいち普及しきらなかったと思われる。

サーバクライアントともソースコードは公開されていたため、一部バランスをとって改造したサーバを公開していたところもあったが、2004年現在、国内の公開されているサーバは不明。

X-Window Systemベースで、Windows用の優れたクライアントが広まらなかったことも、同時期に展開していた他のMMORPGの先駆けに遅れをとったものと思われる。

日本語パッチも満足に開発されてはいなかったが、LVに応じた各種のダンジョン、多彩な魔法、チームプレイ、謎解き等、現在の最新MMORPGに引けをとらないさまざまなシステムが展開されていた。

世にでるのが5年ほど早かったのかもしれない。

体系的なスキルシステムを採用したネットゲームも、このゲームが元祖であろう。武器で殴る、素手でなぐる、ピッキング、祈りをささげる、各種魔法体系や錬金術などやりこみ要素も満載であった。

神殿で入信することで授けられる、それぞれの神に固有の特殊な僧侶魔法や特典効果、ゴーレム精霊、神の化身アバター)を召還して、それを操作して代わりに戦わせるシステムなど、今でも色あせないほど練りこまれたシステムとなっている。

キャラクターはローグライクにおけるキャラクタベースの敵を単色のスプライトに置き換えたような単純なものであったが、プレイヤーの数十倍のサイズのドラゴンや悪魔などを、ブレスを避けながら協力して倒すマルチプレイは手に汗を握るものであった。

今一度、ブームが訪れることを願ってここにキーワード登録をさせていただきます。

コンピュータ

CrossFire

くろすふぁいあ

ATI社がnVIDIAのSLIに対抗して開発した、デュアルグラフィックカード技術。


PCI Express x16対応のビデオカードを2枚と専用のケーブル、CrossFire対応チップセット搭載マザーボードを使うことにより、処理速度を高速化させる技術。

現行ではRADEON X800/X850シリーズ及びX1300/X1600/X1800シリーズが対応予定とのこと。

ただしX1600/X1800のCrossFire対応マスターカードは発売されていない。

nVidia社のSLIと違い「同一メーカーの同一型番のビデオカード」という制限がない。

2枚のビデオカードのうち、1枚はRADEON Xxx0 CrossFire Editionを呼ばれるカード*1を使い、もう1枚は既存のRADEON X800/X850が使用可能。

つまり現状でRADEON X800/X850シリーズを持っている人は、今後発売されるであろうRADEON Xxx0 CrossFire Editionを購入することでCrossFire環境が構築可能。

ただし、RADEON X1300に関しては、CrossFireマスターカードがなくてもドライバ*2だけでCrossFireを構築することができる。

しかし当然ながら性能の向上率はマスターカードを用いた場合に比べて下がる。

*1:Masterとして使う

*2ソフトウェア