deadmau5

音楽

deadmau5

でっどまうす

概要

2006年より活動しているカナダトロント出身のDJ、ジョエル・ジマーマン(Joel Zimmerman)によるプロジェクト。鼠の被り物(Mau5head)をしてパフォーマンスする。プログレッシヴ・ハウスをベースにエレクトロトランスを混ぜるといった独特のスタイルが特徴。デビュー前は“Halcyon441”という名義で活動していた。

名前の由来は、自宅のパソコンの中で感電死したネズミを発見し、その事をチャットに書き込もうとした際にタイトル入力が8文字制限だったのでタイトルを“dead mouse”から“deadmau5”にした、というエピソードから。

人物

かなりのゲーマーらしく、ゼルダの伝説の曲をリミックスしたり、アナログシンセサイザー悪魔城ドラキュラテーマ曲を演奏したりしている。又、インベーダー、残りライフ数、テレサクリーパーの顔、マリオの生みの親である宮本茂氏のサイン等のタトゥーを体に彫っている。ラスベガスにて開かれたMinecraftのファンイベント“Minecon”でもゲストとして招かれ、ライブパフォーマンスを行った。

自らの追求する音楽に対して真面目過ぎる故か、「今時のテクノのライブなんか皆再生ボタン押してるだけ(つまり手抜き)じゃねぇか」と発言したり、デヴィッド・ゲッタの事を「アイツは50万ドル稼ぐボタンプッシャーだ」と痛烈に批判する所から、相当な毒舌家でもある。

最近はドライブが好きらしく、ゲストと共にトロントの町をドライブしながらトークする企画"Coffee Run"をYoutubeで公開している。これまでにSkrillexやZeddなどがこの企画に参加した。また、車の愛好家でもあり、ポルシェフェラーリなどの高級車を自宅に所有しているが、かなり痛い仕様に改造されている。

家族

五人家族で、画家である母ナンシー(Nancy)、ゼネラルモーターズで働く父ロドニー(Rodney)、姉のジェニファー(Jennifer)、弟のクリストファー(Christfer)がいる。

交流

あまり知られていないが、アメリカ出身のDJ、Steve DudaとBSODというユニットを組んでいる。

タトゥーアーティストのキャット・ヴォン・ディー(Kat von D)と交際するも、わずか2ヶ月で破局。しかしすぐに縁を戻し、翌月Twitter上で彼女にプロポーズし、電撃婚約した。しかしジョエル自身の浮気によりまた破局


代表曲

“Ghosts N Stuff”、“I Remember”等がある。“Professional Griefers”ではマイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ(Gerard Way)とのコラボが実現した。