スマートフォン用の表示で見る

dublab

音楽

Dublab

だぶらぶ

 dublabは、1999年にMark "frosty" McNeillとJon Buckによって開局されたウェブラジオ。LAのアンダーグラウンドコミュニティーを象徴するラジオ局/集団であり、同地をベースとして活動するCarlos NinoやNobodyといったDJ/アーティストも中核として参画している。チャンネル数は一つで、ゲストを招いてDJやライヴが放送される「Four Square」と現在は更新停止になっている、ダブ、エレクトロニカポストロック、レア・グルーヴ、ヒップホップブレイクビーツなどクロスオーバーボーダーレスな選曲が魅力的な「Ten Elements」をメインのコンテンツとしている模様。前者のプログラムは現在までにFive Deez、Jazznova、Cold Cut、Peanut Butter Wolfなどが参加している。また後者のようなコンセプトで彼ら自身がコンパイルしたCDやレコードもリリースしている。

 また2003年からは、彼らのまわりを取り巻くネットワークを元に、クエリエイティヴィティの夢を託したレコードスリーブ・ドローイング・プロジェクト「Up Our Sleeve」をスタートし、LAだけに留まらず、世界のあらゆるところに‘クリエイティヴィティという種によってコミュニティという根を植えていく’活動も行っている。同年に行われたエキシビジョンでは、B+、Mike Mills、Glen E. Friedman、HAZE、Graphic Havoc、Kid Acne、Mr. Scruffといった高名なクリエイターたちの作品が並び、dublabクルーはDJ活動も行っていた。


Discography