e-BRT

一般

e-BRT

いーびーあーるてぃー

e-BRTは、東日本旅客鉄道JR東日本)が、JR気仙沼線BRTに導入している、電気自動車によるバス車両の愛称。

いすゞエルガミオ」をベースにした中型路線バスで座席は20席。

小型自動車2.5台分に相当する大容量のリチウムイオン電池で、1回の充電で21.5キロの同区間を走行する。

ルーフには太陽光パネルを設置するほか、ハイブリッドカーにも搭載されている走行中に充電する回生ブレキーを採用し、車内のLED照明など動力以外の電源に利用する。モバイル端末の充電用にUSBコンセントも設置し、スマートフォンタブレット端末などの充電に使える。

2014年2月28日に納車され、2014年3月上旬から運行を開始した。