e-move

コンピュータ

e-move

いーむーぶ

ブルーレイディスクに格納したモバイル用映像データを、パソコンなどのブルーレイ再生機器によりSDカードへ書き出して、映像コンテンツの持ち出しを可能にするデジタルコピー技術。

Panasonic株式会社の商標。主にウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが筆頭に採用している。

主に北米で採用されている『デジタル・コピー』と似たような技術。

概要

ブルーレイディスクに記録されたモバイル機器向けの映像データを付属の「認証コード」を使ってオンラインで認証した上で、SDカードSDカードを備えたモバイル機器に書き出しする。

書き出したデータはSDカードSDビデオコンテンツに対応した携帯端末で観賞することができる。

リビングでは高画質なブルーレイソフトで、アウトドアではモバイル機器で鑑賞するという、二通りの楽しみ方ができることを目指した新しい規格です。

no title

その他

日本で始めてのe-move対応作品は、2008年12月にワーナーから発売された映画「ダークナイト」。

各映像ソフトによって書き出し時期の期限が定められているので、確認する必要がある。

品質

  • SD-Video H.264 Mobile Video Profile : 640×360ドット/30p (VGAコンテンツ)
  • SD-Video ISDB-T Mobile Video Profile : 320×180ドット/15p (QVGAコンテンツ)

対応機種

  • ブルーレイソフト再生機器 
    • ディーガ: DMR-BZT600・DMR-BZT700・DMR-BZT800・DMR-BZT900
    • セットトップBOX: TZ-BDT910M・TZ-BDT910F・TZ-BDT910P
  • パソコン