スマートフォン用の表示で見る

emacs

コンピュータ

Emacs

いーまっくす

多数の中毒者を持つエディタ。当初はMulticsエディタマクロの寄せ集めということで、「Editor macros」から名付けられた。

viを使っている人からは独特のキーバインドからか「指が攣るエディタ」と呼ばれることもある。それでも多くのテキストエディタEmacs風のキーバインドがサポートされているのも事実である。とくに、Mac OS XCocoa APIによるテキストエンジン「NSTextView」では開発者が手を加えることなくEmacsの一部のキーバインドが使えるようになっている。

Emacsの略は操作性を批判して「Escape Meta Alt Control Shift」と言われることもあり、仕様の巨大さを批判して「Eight Megabytes And Constantly Swapping」*1

「Eventually malloc()s All Computer Storage」*2、「Emacs Makes A Computer Slow」*3などと言われることもある。

だが、最近の電子計算機の性能向上に伴い、処理速度についてはそれほど問題はなくなってきている*4

拡張性が高く、単なるエディターというよりは、一種の「環境」とも言えるかもしれない。

拡張にはELispEmacs Lisp)と呼ばれる言語*5を用いる。Emacsの大部分の機能(カーソル移動など、基本的な部分も含まれる)がこのELispにより実装されている。

モードという概念がない分vi系統よりは取っつきやすい。

Emacsノウハウelispを収集したければ、まずEmacsWikiに行けばいい。wikiなのでノウハウを持っている人はどんどん追記してほしい。elisp開発者はEmacsWikiアップロードすれば世界中の人への宣伝になる。

関連語 viMeadowMew

*1:8MBでいつもswapしている

*2:最終的にはコンピュータの記憶領域すべてをmalloc()する

*3Emacsコンピュータを遅くする

*4Athlon 1.2GHzで一瞬で起動する

*5Lispではあるが再帰ではなく反復で書く。Common Lispの機能をエミュレートしたパッケージclがある。