eyeVio

ネット上でプライベートな映像を共有・視聴することと、オフィシャル(公式)コンテンツを視聴するという二つのスタイルで個人が参加し楽しむことができるサービスだった。(サービス料は無料)。

2007年4月、サービス開始。

2009年4月16日、広告メディアとしての運営は難しいとの判断からソニーが撤退を表明。

2009年時点で月間ユニークユーザー数は100万人超、ページビューは月間1000万超。ソニーのサービスは2009年5月29日正午で終了。2日間休止したあと、6月1日からスプラシアの下で再スタートする。 6月以降も同じアカウントで従来通り利用できるが、ソニー製品との連携機能は停止。

2013年10月31日、サービス終了。