free as a bird

音楽

Free As A Bird

ふりーあずあばーど

ビートルズジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スターの四人が再び顔を合わせる形でレコーディングされた曲。

ジョンは1977年頃自宅で未完の作品「Free As A Bird」をレコーディングしていた。

1994年初頭にそのオリジナルテープがポール、ジョージ、リンゴに託され出来る限りの手を尽くして仕上げられた。

ポールは「ジョン無くしてビートルズの再結成はあり得ない」と公言していたが、ジョンが「声」で参加するのであればビートルズ再結成を否定する理由もなくなり、ポールも後に「”Free As A Bird”がビートルズの新曲としてもかまわない。僕たちはジョンが『あとはこの曲だ、仕上げは任せた』といって長い旅に出たと考えることに決めたんだ」と発言し「そう決めたことでいろいろ好きなことが出来たんだよ」と付け加えた。

ジョンの録音デモテープは音質が悪かったが、最新の技術によってクリーニングされ、三人のバンドとともによみがえることとなった。

鳥のように自由に、という歌詞と共に流れる自由でおおらかなメロディは懐かしささえ覚える。