grand theft auto san andreas

ゲーム

Grand Theft Auto San Andreas

ぐらんどせふとおーとさんあんどれ

米国ゲームメーカー、RockStar社製作のクライムアクション、

grand theft auto」シリーズ最新作。

前作「Vice City」でも、その自由度の高さが話題となっていたが、

今作では更にパワーアップしている。

サンアンドレアス州ロスサントスに住んでいたギャングスタ、カール・ジョンソン(通称CJ)はギャング同士の抗争の最中、弟の死をきっかけに日々の重圧から逃れるべくリバティーシティへ向かう。5年後、兄から母が何者かによって殺害されたという一報を受け、故郷ロスサントスへ戻るが、汚職警官フランク・テンペニーによって殺人犯に仕立て上げられてしまう。また故郷は薬物と汚職に塗れ、所属していたギャング団「グローブストリート・ファミリーズ」も抗争による衰退と分裂の果て、かつての姿を失っていた。CJはファミリーを立て直すため、そして自らの自由を手にするために様々な任務につく。1990年代初期が舞台である。

今回は、ひとつの街ではなく州が舞台となっており、

ロサンゼルスサンフランシスコラスベガスをモデルとした

三つの大都市と郊外地域によって構成されている。

その大きさは「Vice City」の数倍にもなると言う。

また、乗り物も更に増えており、

自転車や飛行機、果ては戦闘機にまで乗ることができる。

プレイヤー自身のモデルチェンジも可能で、

髪型や服装、体形まで変更可能。


北米では2004年10月28日に発売。

日本でも、一部の海外ゲーム専門取扱店などで

翌29日に発売されたが、即日完売状態となった。

本作の注目度が大いに伺える。


が、2005年7月「grand theft auto San Andreas」に露骨な性交渉の場面が隠されている疑惑が発覚。

その結果、ESRBは「grand theft auto San Andreas」のレーティングを「M」(17歳以上)指定から「AO」(成人向け)に変更した。


2005年10月18日、この問題で製造が中止されていた「grand theft auto San Andreas」を販売再開。

レーティングも「M」に戻っている。


2007年1月に日本語版が発売された。




Grand Theft Auto:San Andreas US版 (輸入版)

Grand Theft Auto:San Andreas US版 (輸入版)


Grand Theft Auto: San Andreas(UK版) (輸入版)

Grand Theft Auto: San Andreas(UK版) (輸入版)