HKS

HKS

(一般)
えっちけーえす

1973年(昭和48年)創立の老舗チューニングメーカー。

社名の由来は"H"は長谷川(現社長)、"K"は北川(現専務)、"S"は創業時に出資協力をしたシグマ・オートモーティブの頭文字から取られている。


日本で始めてボルトオンターボを開発・販売し、日本で最初に市販車で時速300kmオーバーを達成したメーカーである。主にエアクリーナーや吸気パイプ、ハイカムや可変バルブタイミング機構、タービンやブローオフバルブ、ブーストコントローラーやチューニングCPU、インタークーラーやオイルクーラー、触媒やマフラーといったエンジン関係のパーツを得意とする。

GT-Rのハイパワーチューンにおいては、必ずと言って良いほどHKS製商品が使われており、またメタルキャタライザーはGT-Rを始めインプレッサ、ランエボといったハイパワーターボ車での定番チューニングの一つでもある。


ハードチューンやフルチューンを語る上では避けて通れない存在であり、ドラッグレースや最高速チャレンジ、グリップランやドリフトといった分野での活躍や、そのために開発された数々の過激なチューニングマシン(ドラッグスープラ、CT230Rなど)ゆえ「硬派なチューニングメーカー」の印象が強い。

だが、実際には車検対応の合法チューニングの草分け的存在でもあり、純正交換エアフィルターや保安基準対応マフラーといったライトチューニング関連のパーツも多数取り扱っており、幅広いユーザー層を持っている。


関連キーワード:チューニング、ボルトオンターボ、GT-R、インプレッサ、ランエボ、ドラッグスープラ、CT230R

新着ブログ: HKS