スマートフォン用の表示で見る

iOS4

ウェブ

iOS4

あいおーえすふぉー

iOS4

アップル社が2010年6月22日午前2時に公開したOSiPhoneiPod touch用のOS

iTunes(2010年6月17日公開のコンテンツ管理ソフト「iTunes 9.2」)をPCにインストールすることで、無償ダウンロードが可能。マルチタスキング機能、フォルダ機能に対応したほか、電子書籍アプリiBooks」の利用がiPhone/iPod touchでも可能となり、100項目以上に及ぶ新機能が搭載されているという。(詳細は後述)

動作対応機種

iPhone 3G/3GSとiPod touch

ただし、マルチタスク機能については、iPhone 3Gや最新の第3世代以外のiPod touchでは対応しないなど、機種によって対応する機能が限定される場合がある。例えば、マルチタスキング、壁紙のカスタマイズ、Bluetoothキーボードは、iPhone 4iPhone 3GS、および第3世代iPod touch(2009年秋に発売された32GB、64GBモデル)でのみ利用可能。なお、iOS 4は6月24日に発売される新型スマートフォンiPhone 4」には最初から搭載される。また、iPad向けのiOS 4は今秋提供開始予定としている。

100項目以上に及ぶ新機能

マルチタスク機能】

対応アプリなら(他社製を含む複数のアプリケーションでも)同時起動でき、バックグラウンドで動作する。起動中のアプリは、ホームボタンのダブルクリックで確認でき、一瞬で切り替えられる。さらに、アプリアイコンを長押しするとアイコンの左上に終了を促す表示が現れるので、その部分を押すことで終了できる。なお、radikoアプリは現時点ではマルチタスクには対応していない。

マルチタスク機能によって、プッシュ機能やローカル通知に対応したアプリに通知やメッセージをプッシュ送信できるほか、アプリタスクバックグラウンドで完了することなどが可能になった。

アプリのフォルダ分け機能】

ドラッグ&ドロップ(アプリアイコンを長押ししてドラッグし、ほかのアイコンに重ねれば、重ねたアプリ入りのフォルダが自動で作られる)でアプリケーションを整理できるフォルダ機能をサポートし、最大2160個のアプリケーションを管理できるようになった。作成されたフォルダの名称も設定可能となっているので、同ジャンルのアプリを集約して管理することも可能。

ソフトウェアキーボード

【内蔵写真アプリ

  • Googleマップとの連動
    • Googleマップと連動。撮影場所をGPSで記録し、地図上に表示する。これにより、被写体の人物や撮影場所をもとに写真を表示することができる。
  • ズーム機能
    • 5倍のデジタルズーム機能も新搭載した。
  • 動画のピント調節
    • 動画撮影機能では、画面をタップするだけでピントを合わせられる。
  • MaciPhotoとの連携
    • 写っている人達別に表示することも可能になった。
  • 音楽再生中のシャッター音
    • iOS 4では音楽再生中でも本体スピーカーからシャッター音が鳴るように変更されている。
    • 従来はイヤフォンを接続しての音楽再生中に、カメラやスクリーンショット(ホームボタン+電源ボタン)を押した際、シャッター音が鳴らなかった。

【メールアプリ

すべてのメールアカウントのメッセージを1つの受信ボックスにまとめて表示したり、メッセージをスレッドで整理するといった機能が追加。また、メールの添付ファイルを他社製アプリから開く事も可能。SMS/MMSのメッセージ検索にも対応している。

アプリをプレゼントする機能】

アプリケーションを友人や家族に電子メールを介してプレゼントする機能なども追加。

電子書籍アプリ

iPadで先行して提供していた電子書籍アプリiBooks」にも対応、同日付でiPhoneアプリApp Storeで公開されている。

【壁紙設定】

ホーム画面にユーザーが壁紙を設定できるようになった。

【音楽/映像再生の「iPod」機能強化】

本体からプレイリスト作成が可能になった。プレイリスト名の設定や、曲順の編集などが行なえる。

【画面向きのロック機能】

縦/横位置の方向を固定可能になった。ホームボタンをダブルクリックした後、左画面に遷移し、回転ロックのアイコンを選択することで、縦/横の画面固定が行なえる。例えば寝転がりながらSafariでWebブラウズする際に、従来はジャイロセンサーが動きを検知し、勝手に方向が変わってしまうことがあったが、ここで位置を固定しておくことで、縦方向など方向を固定したままのWebブラウズが可能となる。

【その他】

無線LAN接続の安定化や、位置情報のプライバシー保護機能の強化など多数の機能強化が図られている。

ユーザーによる評価

Twitterでは早速インストールしたユーザーが使用感を報告しており、マルチタスクやフォルダ機能を評価する声が挙がっているほか、「標準のカメラアプリのシャッター音が大きくなった」ととまどう声が出ていたり、Safariが重くなったという報告もある。しかし、全体的に動きが機敏になった、バッテリーの持ちがよくなった、画面の向きが固定可能になった、ユーザ辞書登録が可能になった、といった声があり、おおむね好評であるようだ。

公表された機能強化一覧

Appleが公表しているiOS 4の主な機能強化、修正内容は以下のとおり。

iOS4
目次