スマートフォン用の表示で見る

jimama

音楽

jimama

じまま

ji ma ma(ジママ)、沖縄方言で“自由奔放、わがまま”の意。

2001年京都で結成。変遷を経て現在、宮平照美のワンマン・プロジェクトとなる。

宮平照美は沖縄出身。2003年7月マキシ・シングル『カケラ』でインディーズ・デビュー。京都沖縄を中心に口コミでその独自の存在感が話題になる。2004年1月マキシ・シングル『街』でメジャー・デビュー。6月1stアルバム『Dragonfruit Moon』をリリース。

個性的な音・歌声が全国に響きわたった。2004年9月より活動拠点を沖縄に移し、2005年6月4thシングル『でいご|月下美人』をリリース。沖縄スマッシュ・ヒット!「月下美人」は琉球泡盛[瑞泉イエロー]CMソング、本人出演でも話題になる。2006年1月リリースの5thシングル『想い文』は沖縄チャート番組で1位を獲得。名実ともに沖縄を代表するアーティストに。

風景や自然の音や、当たり前の日常の中で感じたことを、丁寧に紡いだ歌詞とメロディ、凪のように穏やかで優しく、独特の憂いを含んでいるのに、奥底に確かな強さを秘めている歌声が、人々に響く。

Dragonfruit Moon 1st Album/SICL-90

満月の夜に白い花を咲かせるDragonfruit。ji ma maノスタルジア満開の1st Album。透明感のあるハイトーン、深みある低音、ノスタルジーを呼び起こす声のざらつき感、そしてダイナミックな表現力。宮平照美の " うた "は五感を揺さぶる力を持つ。音楽的にもブラジルヨーロッパミクスチャー沖縄ラテンロック、ジャズ等々、その名の通り" ジママ "自由気ままにめくるめく展開を見せる。プロデュースにショーロ・クラブの沢田穣治、ポラリスの柏原穣を迎える。

でいご/月下美人 4th Single/SICL-108

ライブでの反響も高い「でいご」と、瑞泉酒造CFソングに抜擢された「月下美人」による両A面シングル!「月下美人」は藤井フミヤ鈴木雅之SMAP坂本美雨ともさかりえNOKKO松たか子などへ数々の楽曲を提供している川村結花による書き下ろし。女心を歌った季節感たっぷりのポップ・チューン。一方「でいご」はji ma ma本人の沖縄での思い出をベースに家族への愛を歌った感動のミディアムスロー・ナンバー。

想い文 5th Single/SICL-127

ji ma ma5枚目となる待望のNew Single。大切な人・友達に捧げたこの曲は、別れ・旅立ちの季節にピッタリの、心に沁みるバラード。「つらくてもこの曲を聴くと、ひとりじゃないんだと頑張ることができる。」と聴く人の涙を誘っています。”オーガニック・ソングバード”ji ma maの真骨頂を発揮した、たよやかな名曲の誕生です。

風便り New Single/SICL-145

前作「想い文」が大好評だったji ma ma。今回のニューシングル「風便り」は今は遠く離れた友達からの一通のメールから始まったストーリー。遠く離れてしまったひとを想い「心に青いカケラは残っていますか」と問うことで、改めて自分のことを見つめる。そんな誰もの心の片隅にある思いを綴った歌詞と叙情的なメロディが聴くものの心に沁みる、グッとくるバラードです。c/wにはRBC TVにて絶賛オンエア中の「気ままにロハススタイル」テーマソング、ファン待望のCD化となる「ジュゴン飛行船」を収録。