スマートフォン用の表示で見る

jr京都線

地理

JR京都線

じぇいあーるきょうとせん

東海道本線のうち、京都-大阪間42.8kmの路線愛称。路線記号はA、ラインカラーは青。

概要

現在では都市近郊路線の性格が強いが、東海道線の一部として長距離輸送の貨物列車が行きかうほか、北陸方面のサンダーバード山陰方面のスーパーはくとがこの路線を経由する。

運行系統は琵琶湖線神戸線とあわせて米原姫路で一体のため、駅番号も通しで振られている。

駅と接続路線

駅番号駅名よみ
“えき”は略
接続路線
A31京都駅きょうと東海道新幹線
琵琶湖線/湖西線/嵯峨野線(山陰本線)/奈良線
近鉄京都線京都市営地下鉄烏丸線
A32西大路駅にしおおじ-
A33桂川駅かつらがわ-
A34向日町駅むこうまち-
A35長岡京駅ながおかきょう-
A36山崎駅やまざき-
A37島本駅しまもと-
A38高槻駅たかつき-
A39摂津富田駅せっつとんだ-
A41茨木駅いばらき-
A42千里丘駅せんりおか-
A43岸辺駅きしべ-
A44吹田駅すいた-
A45東淀川駅ひがしよどがわ-
A46新大阪駅しんおおさか東海道・山陽新幹線
大阪市営地下鉄御堂筋線
A47大阪駅おおさかJR神戸線/JR宝塚線/大阪環状線
阪急京都線/阪急宝塚線/阪急神戸線
阪神本線
大阪市営地下鉄御堂筋線/谷町線/四つ橋線

種別

特急

定期列車としてサンダーバード大阪金沢)、(ワイドビュー)ひだ大阪高山)、サンライズ瀬戸・出雲出雲市・高松〜東京)、スーパーはくと倉吉鳥取京都)、こうのとり城崎温泉福知山新大阪)、びわこエキスプレス大阪米原)、はるか(関西空港京都)が走る。

ほとんどの列車が新大阪駅に停車するほか、サンダーバード・はるかの一部が高槻駅に停車する。

新快速

停車駅は新大阪駅高槻駅である。223系・225系の12両編成に統一されている(一部を除く)。

快速

京都まで(から)快速」と「高槻まで(から)快速」の2つがある。「京都まで(から)快速」の停車駅は新大阪・茨木・高槻長岡京である。「高槻まで(から)快速」の停車駅は新大阪・茨木と高槻京都間の各駅である。

普通

各駅に停車する。主に京都駅発着のものと高槻駅発着のものがある。

ダイヤ

昼間時間帯

特急

サンダーバードが1時間に1〜2本、スーパーはくとは約2時間に1本、こうのとりが約1時間に1本、はるかが1時間2本走行する。

新快速

15分間隔で運転される。大阪駅の発車時刻は0分、15分、30分、45分である。

快速

15分間隔で運転される。この時間帯はすべて「高槻まで(から)快速」で運転されている。大阪から京都京都から大阪へは新快速が先着する。

普通

15分に2本運転される。基本的には京都駅発着と高槻駅発着が交互に運転されるが閑散時間帯は京都駅発着の多くが高槻駅発着に短縮される。


リスト::鉄道路線

目次