スマートフォン用の表示で見る

m14

一般

M14

えむいちよん

1950年代朝鮮戦争AK47の威力に驚いたアメリカ軍歩兵の主要火器を更新することとなった。そこで、当時制式小銃だったM1ガーランドをベースに、フルオート機構とそれに伴う多弾倉化、新型弾である7.62mmx51を採用したM14を開発した。

1957年アメリカ陸軍に制式採用されるが、7.62mmの大口径弾はフルオート射撃時の反動が大きく、射撃時の制御が非常に難しかった。さらに1960年代より始まったベトナム戦争ジャングル戦では、M14の長射程は視界が遮られてしまうため意味をなさず、長銃身ゆえの取り回しの悪さが大きなデメリットになった。また前述のフルオート時の制御難は、近接戦闘を苦手とした。

これに慌てたアメリカ軍は、高速小口径弾用の銃として新規開発中だったM16を急遽制式採用する事となる。

しかし海兵隊特殊部隊などでは、M14の構造的な堅牢さを好むなどして、部分的に引き続いて使用されることとなった。

ベトナム戦争終結後、正式の座をM16とその系列たちに譲ることになるが長距離射撃能力に関してはやはり装薬の多さや口径差などがモノをいい、狙撃型のM21や近代改修モデルなどが存在し未だその命脈は絶たれていない

全長:1125mm

重量:4.59kg

口径:7.62mmx51

装弾数:20発

製造国:アメリカ