スマートフォン用の表示で見る

mod_perl

ウェブ

mod_perl

もどぱーる

PerlによりApache APIへアクセスすることを可能とするApacheモジュールmod_perlを利用すると、Perl機械語に変換したあとメモリに常駐させ、かつインタプリタ起動のオーバーヘッドもカットすることができるので、CGIプログラムなどに比較して数倍〜数百倍高速に動作するアプリケーションを開発することができる。

巷ではmod_perlCGIプログラムを高速化するための技術だという解説も時折みられるが、CGIプログラムを高速化させるという点はmod_perlのもつ特徴の一部に過ぎず、実際にはApache APIPerlから利用することで、Apache内部の処理フェーズにフックする処理を実現できる、という点が本質である。

mod_perlを用いたウェブアプリケーションプログラミングPerlハンドラと呼ばれるハンドラクラスを用意し、そのクラスによって任意のクラスをディスパッチするという開発手法が主である。

しかし、既存のCGIプログラムのコードに一切手を入れずにmod_perlの高速化の恩恵をあずかりたいというニーズにこたえるために、Apache::RegistryやApache::PerlRunといったCGIプログラムエミュレートするためのPerlハンドラが配布パッケージに含まれている。mod_perlCGIを高速化する場合にはApache::RegistryやApache::PerlRun を用いる。

はてなのサービスはすべてmod_perlを用いて開発、運用が行われている。