peeping life

アニメ

Peeping Life

ぴーぴんぐらいふ

CGアニメーション作家、森りょういちによる脱力系スローライフショートアニメアクター(役者)は設定のみ教えられてその設定に沿ってアドリブで演じる。人々の日常会話のワンシーンの中で偶然に生まれる「間」や「意味のないしぐさ」等をリアルに表現している。