popcatcher

音楽

popcatcher

ぽっぷきゃっちゃー

'95年8月、ヴォーカル&ベースの久保田とギター&ヴォーカルの美濃により神奈川県で結成、

当時はPOP CAPTAINという名で活動。

その後、現PolyABC(元ナイスマーブルス)のギタリストの阿部がドラマーとして加入。


'96年7月には自主制作でシングルをリリースし、自主レーベル“CAPTAIN HAUS REC'S”を主宰する。

'98年5月には、『V.A./KNOW ONE'S STUFF』

popcatcherSHORT CIRCUITCAPTAIN HEDGE HOG、OATMEAL、PESTMENが参加)をリリースした。

同年9月には、ミニアルバム『What's done can't be undone』、

翌年1月にはマキシ・シングル「TURNING AROUND ALONE」をリリースし、一気に知名度を上げる。

同月、ドラマーの阿部が脱退、新メンバーとして一瀬が加入。


'99年7月には、BAD NEWS RECORDSからマキシ・シングル「letter to friends e.p.」をリリース。

その後dr.snufkinとの合同レコ発ツアーを成功させるなど、積極的な活動を展開する中、

2000年初頭にベーシストの川本が加入、久保田がヴォーカル&ギターへパートチェンジする。

また、同年2月〜5月に渡って全国43ヶ所で行なわれたGOOFY'S HOLIDAYのレコ発ツアーに全て同行。

ライヴバンドとしてもさらに注目を集める。


2000年8月にはCAPTAIN HAUSからTEARDUCTとのスプリットCD『9tablets』をリリース。

2001年には川本が脱退し、新メンバーとしてベースに立原が加入。


2001.7.25には、待望の1st album"poikilotherms"をリリース。

様々な先鋭的音楽要素を自らのスタンスで吸収し、新たなロックのスタイルを提示し、

一躍話題を集める。レコ発ツアーでは、ラップトップにKangaloo Pawを迎え独自の世界観を再現。

各地で好評価を得た。


2002.1.24渋谷クラブクアトロで行われた

STARMARKETの来日公演ライヴをもって惜しくも解散。

今や早すぎた伝説のバンドとして語り継がれている。


現在、久保田(Vo/Gu)は、BEAT CRUSADERSベーシスト及び自身のユニットkuhにて、

美濃(Vo/Gu)は、toeギタリストや幅広くこなすレコーディングエンジニアとして、一

瀬(Dr)は、ASPARAGUSのドラマーとして一線で精力的に活動中。


BEAT CRUSADERSホームページ

http://www.beatcrusaders.net/

kuhホームページ

http://www.captainhouse.com/

toeホームページ

http://www.toe.st/

ASPARAGUSホームページ

http://www.3p3b.co.jp/


-----------------------------

popcatcherの解散には当時様々な意見が飛び交っていた。

ここでは特に表記するつもりももないが

当時のBEAT CRUSADERSヒダカトオル氏が

「popcatherを失ったことは日本のインディーズにとって大きな痛手だ」

多くの人が今になって

この言葉の意味に気づいているのではないだろうか。




poikilotherms

poikilotherms

letter to friends e.p.

letter to friends e.p.

9 tablets

9 tablets

TURNING AROUND ALONE

TURNING AROUND ALONE

What’s done can’t be undone

What’s done can’t be undone