スマートフォン用の表示で見る

referer

ウェブ

referer

りふぁらー

いわゆる、リンク元情報。はてなダイアリーの「リンク元の表示」機能はRefererを利用して実装されている。

HTMLハイパーリンクによってクライアントがWebサーバHTTP要求を送るとき、一緒にWebサーバに渡される。

Referer[原文ママ] リクエストヘッダフィールド ("referrer" であるはずなのに綴りは間違っているが) は、サーバの利益のために、 Request-URI が得られたリソースのアドレス (URI) をクライアントに示させる。 Referer リクエストヘッダは、サーバが興味やログの取得、キャッシュの活用等のために、そのリソースへの逆リンクのリストを作成できるようにする。 また、メンテナンスのために、既に使用していない{obsolete} リンクやミスタイプのリンクを追跡できるようにもする。 もし Request-URI が、例えばユーザのキーボードからの入力など、それ自身の URI を持たないソースから得られた場合は、Referer フィールドを送ってはならない

 Referer        = "Referer" ":" ( absoluteURI | relativeURI )

例を示す。

 Referer: http://www.w3.org/hypertext/DataSources/Overview.html

もしこのフィールド値が相対 URI ならば、 Request-URI からの相対的なものと解釈すべきであるURI にはフラグメントを含めてはならないセキュリティ上の考察については、section 15.1.3 参照。

Studying HTTP - RFC2616の翻訳