スマートフォン用の表示で見る

status quo

音楽

Status Quo

すていたすくぉー

 イギリスの国民的ロックバンド。

 1966年、フランシス・ロッシ(G)とアラン・ランカスター(B)を中心にThe Spectresとして"I (Who Have Nothing)"でデビュー。3枚のシングルを残すがいずれも不発で、バンド名をTrafficと変更、しかしSteve Winwoodのバンドが同名だったためすぐにTraffic Jamと改名、"Almost But Not Quite There"をリリースするがこれも全く売れず、翌67年、The Status Quoと再び改名し、更にリック・パーフィット(G)を加えサイケバンドとして"Pictures of Matchstick Man"で再デビュー。これが初のヒットとなり、すぐにバンド名から"The"を取り、Status Quoとしてこの路線で2枚のアルバムを残す。

 しかし、ティニーポッパー的方向性に疑問を持っていたバンドは70年に方向転換、シングル"Down The Dustpipe"以降はハードなブギー路線を進む事となる。その最中、オルガンのロイ・ラインズが脱退、更に72年にはパイを離れヴァーティゴと契約。移籍第一弾アルバム"Piledriver"とシングル"Paper Plane"をチャートに送り込む。75年には"Down Down"が英国シングルチャートでNo1を獲得。また、72年暮れのアルバム"Hello!"以降のアルバムのほとんどもアルバムチャートでトップを記録するなど、正しく黄金時代を築いていく事になる。

 しかし1982年にドラムスのジョン・コグランが離脱、後任にピーター・カーチャー(元シャンハイ)を迎え、更に以前からツアーやアルバムにはほぼ全面参加していた元ハードのアンディ・ボウン(K)を正式加入させるが、84年には「フェアウェル・ツアー」を行い、一時解散宣言をしている。

 ところが翌85年には何事も無かったようにライヴ・エイドでオープニングを勤め復活、更に86年にはカーチャーと、オーストラリアに移住したランカスターを除く3人が新メンバーを加えて新作"In The Army Now"を制作、これが大ヒットとなり、Quoは完全復活を遂げる事になる。2000年にはドラマーが交代したものの、"Heavy Traffic"をヒットさせ、未だに元気なところを見せ続けている。

 彼らは本国及びヨーロッパと、それ以外の国での人気差が異様に激しい。日本ではほぼ無名に近いが英国ではウェンブリーを平気で満員にする超大物なのだ。

  • Francis Rossi (Guitars/Vocals)
  • Rick Parfitt (Guitars/Vocals)
  • Alan Lancaster (Bass/Vocals)1985年脱退
  • John Coghlan (Drums)1982年脱退
  • Andy Bown (Keyboards/Guitars/Harp)1982年正式加入
  • Pete Kircher (Drums)1982〜1985
  • Roy Lynes (Organ/Piano)1970年脱退
  • John "Rhino" Edwards (Bass/Vocal)1986年加入
  • Jeff Rich (Drums)1986〜2000
  • Matt Letry (Drums)2000年加入

  • PIcturesque Matchsticable Messages from Status Quo
  • Spare Parts
  • Ma Kerry's Grasy Spoon
  • Dog of Two Head
  • Piledriver
  • Hello!
  • Quo
  • On The Rebel
  • Blue For You
  • Tokyo Quo
  • Quo+Live
  • Rockin' All Over The World
  • If You Can't Stand The Heat
  • Whatever You Want
  • Just Supposin'
  • Never Too Late
  • 1+9+8+2
  • Back To Back
  • In The Army Now
  • Ain't Complaning
  • Perfect Remedy
  • Rock Till You Drop
  • Live Alive Quo
  • Thirsty Work
  • Don't Stop
  • Under The Infruence
  • Famous In The Last Century
  • Heavy Traffic
  • RIFFS
  • Xs All Areas
  • The Party Ain't Over Yet
  • In Search of Fourth Chord