スマートフォン用の表示で見る

the orb

音楽

The Orb

じおーぶ

Alex Patersonを中心とするアンビエント・プロジェクト。

Brian Enoも所属したレーベルEGにてA&Rを勤める傍ら、Paul OakenfoldのクラブLand of OzでレジデントDJを勤めていたAlex Patersonが、BrilliantのJimmy Cautyと88年に「The Orb」を結成。

その年にリリースされた、Minnie Riperton「Loving You」と波の音をミックスしたシングル「Loving You」は、「アシッドハウスのパーティーで踊り狂った後にクールダウンする上で最高の音楽」としてヒット。

90年にメジャーから「A Huge Evergrouwing Pulsating Brain That Rules From The Centre Of The Ultraworld」として再リリースされる。

その後、The KLFの活動のためJimmy Cautyが脱退、代わりに伝説的パンクバンドKilling JokeYouth(後にトランスレーベルDragonfly Recordsを創立)とエンジニアのThrash(Kris Weston)が加入。

フォルクスワーゲンビートルのCMにも起用された、Steve Reichサンプリングした90年のシングル「Little Fluffy Clouds」はクラブユースのサウンドながら全英シングル・チャート20位入りを果たす。

91年にこれもアルバム・チャート30位入りを果たしたアルバム「Adventures Beyond The Ultra World」をリリース、「アンビエント・ハウス」の旗手として注目を浴びる。

セカンドアルバム「U.F.Orb」はなんと全英アルバム・チャート1位となり、「トップ・オブ・ザ・ポップス」にも出演。

92年のシングル「Blue Room」も全英シングル・チャート1位となり、同時にギネス・ブックに「最も長いシングル曲(39分58秒)」として登録されている。

以降、Thomas FehlmannSun Electric、Robert Philipらとのコラボレーションを行いつつ、アンビエントで実験的でありながらユーモア溢れるポップという独特のスタイルで活動を続けている。

The Orbは多くのプロデュースやリミックスを行っている。代表的なものとしては、KLFの歴史的名盤「Chill Out」のプロデュースや、Primal Scream「Higher Than The Sun」などがある。

93年のYMO再結成時には、YMOリミックスアルバムを2枚リリースし、東京ドーム公演の前座も務めた。

ライブも積極的に行っており、Fuji Rock Festival 99やSummer Sonic 2001にヘッドライナーとして出演している。

ディスコグラフィー (主なアルバム)

ディスコグラフィー (主なシングル)

  • “Kiss E.P.” (1989)
  • “A Huge Evergrouwing Pulsating Brain That Rules From The Centre Of The Ultraworld” (1990)
  • “Little Fluffy Clouds” (1990)
  • Orb in Dub” (1991)
  • “Perpetual Dawn” (1991)
  • “Blue Room” (1992)
  • “Assassin” (1992)
  • “Oxbow Lakes” (1995)
  • “Toxygene” (1997)
  • “Asylum” (1997)
  • “Once More” (2001)
  • “Daleth of Elphame ep” (2002)