スマートフォン用の表示で見る

tux

コンピュータ

Tux

たっくす

 Larry Ewing氏が描いたらしい。

 Linux2.0非公式マスコットキャラクター。

 

 Linuxの生みの親といっても過言ではない、Linus Torvalds氏がペンギン好きであることもマスコットにペンギンが採用されたらしい。

 

 諸説あるが、Linus氏のペンギン好きはペンギン病とまで訳されるほど。

「リーナスは、ただのペンギンではなく、幸せそうに見えるペンギンを望んでいた。

 まるでジョッキ一杯の麦酒をぐいっとやって、素的なセックスしたあとのようなペンギンを。

 その条件に加えて、よそにはないペンギンを望んでいた。だから、普通のペンギンがみな、黒いクチバシと足をもっているのに、リナックスのマスコットのそれは、オレンジ色で、アヒルとの間にうまれた子供のように見える。

 南極へ観光旅行にでかけたダフィ・ダックが,現地のお嬢さんと激しく熱い夜を過ごした結果のように...」

JUST FOR FUN 全世界を巻きこんだリナックス革命の真実】引用