スマートフォン用の表示で見る

vi

コンピュータ

vi

う゛いあい

UNIX標準エディタ

ホームポディションだけですべての操作が出来るといわれている。


vi以前に主流だったエディタは、行単位で編集するラインエディタed」で、その拡張版「ex」の「vi」sualとして作られた。

viの元がラインエディタであることからか、参照状態と編集状態を切り替えるモード型エディタであるのが特徴。

当初は「マルチウインドウ」で「プログラマブル」なエディタにするつもりだったが、ディスクとバックアップテープがクラッシュし、3つほどバージョンを戻したものが現在出回っているviともいわれる。


viと同等かそれ以上の機能を持ち、かつプログラム的には完全に別の実装である「viクローン」と呼ばれるエディタも多数存在する。nvi, vim, elvis, stevie, vile などが有名で、UNIXに限らず多様なプラットホームで動作する。また、LinuxFreeBSDなどの「UNIXライク」なOSにおいては、このようなviクローンが標準エディタとして採用されている。