スマートフォン用の表示で見る

wicket

コンピュータ

Wicket

うぃけっと

JavaのWebアプリケーションフレームワーク

なかなか使いやすいらしい。

Wicketを使うと、Swingのようなプログラミングが可能となる。すなわち、GUI要素のツリーをメモリ上に構築して、イベントハンドラを定義するようなプログラミングである。サーバ上でGUIの構成要素のツリーを作っておくと、フレームワークGUI部品のクラスが連携して、HTMLページを生成してくれる。ブラウザ上でボタンクリックなどのイベントがあると、フレームワークJavaScriptを駆使してサーバにイベントを伝達し、サーバ上でイベントハンドラを呼んでくれる。

Apacheプロジェクトの一員になっている。

NetBeans用のプラグインはここ

https://nbwicketsupport.dev.java.net/


Eclipseプラグインはここ。機能は少なめ…、かも。

http://code.google.com/p/qwickie/

https://github.com/42Lines/wicket-source/wiki


日本語の書籍も存在する。

http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/2221.html