スマートフォン用の表示で見る

yA

接頭辞。

新たなモノを世に出す際、「既存のモノ」に対する思い、あるいは「既存のモノに対する新たなモノの位置づけ」に対する思いを込めて、命名者が既存のモノの名前の前につける。

「思い」の例としては次のようなモノがある。

デファクトスタンダードを超えてやる。」

デファクトスタンダードのがあるけど、趣味で別の作っちゃった。」

「いろいろなモノが出てて一長一短だけど、こういうのはどうよ。」

「ノリで。」

なお、由来は "yet another" の略であるが、別の語の略である、と公言している ya 付のモノも少なくない。