yasuhiro otani

音楽

yasuhiro otani

おおたにやすひろ

コンピュータによる音楽の表現活動を行ってきた音楽家として日本での草分的存在。音と向き合い、その響きの中に入り込んで行く、感覚的でもあり思索的でもあるラップトップ一台で作り出された小宇宙

1980年代から海外電子音楽フェスティバルへの出演、海外ツアーなど、国際的なミュージックコンクレートアーティスト、作曲家即興演奏家として精力的に活動。米国欧州電子音楽研究所、大学にて、コンピュータを使った即興演奏アプローチ、作曲技法などについてワークショップ、執筆活動も行っている。身体とマシンの相互作用にフォーカスした音楽スタイルを通して、実験映画、ダンス、演劇とのコラボレーションも行うなど、活動の幅は常に広がりを見せている。

ギターリストとしては高柳昌行氏に師事。その後、コンピュータによる表現活動で幅を広げ、現在は、ギター+Laptopを使った演奏でさらにユニークな音楽を展開している。

電子玩具、電子キーボードなどを改造した自作楽器を使ったパフォーマンスは必見。


最新の動向: 

”おいしい・ね・いろ” サウンドアート・パフォーマンス

第22回東京夏音楽祭2006 参加公演 

■期間 :2006年7月28日(金)〜9月3日(日)

■期間中:展示 および パフォーマンスあり


レーベル:paleblue 主催


ロックフェラー財団 日米芸術プログラム派遣アーティスト