因幡の素兎@20100505201202

日本最古の歴史書である古事記に書かれている、後にオオクニノヌシになるオオムナチがウサギを助けて幸運を授かる話



・おおまかな内容

オオナムチには沢山の異母兄弟が神々がいました

彼らは皆、因幡のヤマカミヒメと結婚するために国を治めるのを辞退して、思いやりのあるオオナムチに旅行用の大きな袋を担がせて求婚に行きました

彼らが気多の岬についたとき、毛皮を脱いだ裸の兎が横たわっていました

これを見て神々は兎に、こう教えました
「海水を浴びて風に吹かれながら高い山の頂で寝ていれば治る」

兎は神々の教えの通りに山の頂で横になりました

しかし、兎の体は一向に治りません

浴びた海水が乾くにつれて風に吹かれた皮膚はひび割れ塩が傷にしみて、兎はその激しい痛みに泣き伏しました

そこへ、遅れてやって来たオオナムチがその兎を見て尋ねました
「どうしてお前は泣き伏せているのだ」

兎は訴えました
「私は隠岐の島に棲んでいて、この本土に渡りたいと憧れていましたが、どうしても海を渡る方法がありませんでした
 そこで海の鰐鮫を、どっちの一族が多いか競争しようと騙して、隠岐の島から気多の岬までうつ伏せに並べさしました
 私はその上を踏んで数えながら渡っていき、そして私が今正に地面に下りようとしたとき
『お前達は騙されたんだぞ』と言い終わるやいなや、一番最後にいた鰐鮫が私に噛みついて、すっかり私の毛皮の着物を剥ぎ取ってしまいました
 そのようなわけで、泣き悲しんでいましたところ、先に行かれました大勢の神々が
『海水を浴び風に当たって横になっていればよい』と教えてくれました
 そこでその通りにしましたところ、私の体はすっかり傷だらけになりました」

これを聞いたオオムナチは兎に教えました
「今すぐに河口に行って真水で体を洗い、そのまま河口の蒲の花粉を採って敷き散らし、その上に寝転がればお前の体はもとの膚に戻る」

兎はその教え通りにすると、兎の体はもとどおりになりました

その後、素兎はオオムナチにヤカミヒメを妻に出来るのはあなたしかいないと予言し

そして素兎の予言通りヤカミヒメはオオムナチと結婚する意思を表明しました

こうして、オオムナチに助けられた素兎は結婚の幸運をもたらした縁で神様に祭られました

これが因幡の素兎で、今の兎神様です



・白兎神社
鳥取県鳥取市にある神社で、主祭神は白兎神
白兎神は因幡の素兎のことで、その説話の内容から皮膚病や特定の人との縁結びの神として信仰されている
鎮座地は身干山と呼ばれる丘で因幡の素兎が身を乾かしたと伝えられており、境内には素兎が体を洗った御身洗池がある