Sylpheed@20100731202422

 UNIX 用の GUI メールソフト。Becky! や Outlook Express などと同等の 3 ペイン構造なので、Windows ユーザーにも抵抗無く使える。IMAP4 にも対応。Windows版も存在する。
 主な特徴は以下の通り。
-高速。
-1メール1ファイル形式なので信頼性が高く、バックアップが容易。
-リモートメール機能が有る( 実装しているメーラは少ない )。
-検索機能が強力
-GnuPG(pgp)との相性が良い
 特に検索機能が豊富かつ強力で、標準(無料版)では以下の検索機能が有る。
-クイック検索
-メッセージビュー内の検索
-メッセージ検索
-検索フォルダ
 [ クイック検索 ]は、サマリビュー上部の検索欄にキーワードを入力すると、サマリビューに該当メールの一覧が表示されるもので、ソートに近い感覚で使用できる非常に便利な検索機能です。
 [ メッセージ検索 ]は、Beckyの[ クエリー検索 ]に相当する機能。シンプルな表示でありながら、正規表現も使用できるなど非常に強力です。
 [ 検索フォルダ ]は[ メッセージ検索 ]で作成出来るフォルダで、Beckyの[ クエリーフォルダ ]に相当する機能だが、他のメーラのように毎回検索するのとは異なり、検索自体は設定時の1回だけなので、普通のフォルダと同様に使用出来る。勿論、受信箱のメールに変化が有れば、即時反映される。従って、フィルタ機能により分類されたフォルダと使用感は全く変わらない。他のメーラで同様の事を同様の速度で行うには、フィルタ機能を使用することになるが、その際はメールの分類ではなくコピーする必要が有るので、ファイルサイズが膨れ上がる( 多分3倍以上 )事となるし、不要になった時の削除も大変である。
 アドレスの入力もUnix系特有の便利な機能がサポートされている。[ To: ]や[ Cc: ]欄でメールアドレス等の先頭数文字を入力後、タブキーを押すと該当アドレス一覧が表示されるので、その中から選択するUnix系ユーザにはお馴染みのtab補間機能です。サーチの対象となるのは、
-表示名
-電子メールアドレス
-別名
-( ニックネーム : 別名欄が空の場合のみ有効 )
の3(4)つの欄なので、[ 別名 ]( 又は[ ニックネーム ] )に検索しやすいキーワードを予め入力しておけば、簡単にアドレスのサーチが出来る。
 尚、ベータ版ではあるが、Sylpheed 3.1beta2(22010-07-16)から、分割メッセージの結合機能も追加されている。