きみはペット@20120813113510

小川彌生の「Kiss」(講談社)で連載された漫画。単行本は全14巻、完全版は全9巻。2003年、第27回講談社漫画賞少女部門受賞。TBS系でドラマ化され、韓国では映画化もされた。なお、韓国では人権団体「男性連帯」が、男性をペットに喩えるのは人格の冒涜に当たるとして『きみはペット』の上映中止を求める仮処分申請を提出した(映画の節で詳述)。

*内容
>>
<em>出版社/著者からの内容紹介</em>
スミレちゃんが教える美少年の正しい飼い方
高学歴・高収入・身長170cmのバリキャリ新聞記者・スミレ。
人生楽勝!かと思ったら、左遷され、婚約者にも振られて失意のドン底。
そんなスミレがある日拾ったのは……!?

<!--辞典であり、商品の購買の為の宣伝をする場ではない。-->

*TVドラマ
2003年春、TBS系でドラマ化。2003年4月16日 〜 2003年6月18日放送、全10回。
====
**スタッフ
-脚本:大森美香 
-演出:金子文紀、加藤新、高成麻畝子
-プロデューサー:鈴木早苗、濱田明子
-主題歌:V6「Darling」(avex trax)
**キャスト
-巌谷スミレ:小雪
-合田武志(モモ):松本潤
-蓮實滋人:田辺誠一
-白妙ユリ:鈴木紗理奈
-福島紫織:酒井若菜
-浅野哲史:長塚京三
-澁澤ルミ:石原さとみ
-大石みのり:山下真司
-清水栄吉:渡辺いっけい
-堀部順平:瑛太
-星野茂:光石研
-石田裕太:佐藤隆太
-瓜山信行:マギー
-倉木真弓:上原美佐
-栗本春香:乙葉
-脇坂賢介:山咲トオル

*映画
2011年韓国で映画化された。

*「人格の冒涜」と上映中止を求める仮処分申請の提出
2011年11月2日、韓国の人権団体「男性連帯」が、『きみはペット』の上映中止を求め、ソウル中央地方裁判所に上映禁止の仮処分を申請した。女性が“主人”で、男性が“犬”として登場し、主人とペットの関係を模写する内容について「面白さの為に人格が冒涜されるのは許せない」として、映画配給会社であるロッテショッピング(ロッテエンターテインメント)を相手に提出したもの。ただソウル地裁はこの訴えを同月9日に棄却した((WoW!Korea 2011年11月14日))。
男性の間でも非正規雇用などが増大しており、人権を軽視し、人を物のように扱う風潮がこの種の作品の登場の背景にあると思われる。
	
-監督 キム・ビョンゴン
-出演者 チャン・グンソク、キム・ハヌル、チェ・ジョンフン
-製作会社 ロッテエンターテインメント
-配給 東宝東和
-公開 2011年


関連語:[[リスト::漫画作品タイトル]] [[漫画]] [[コミック]]