ER@20130913230723

医療:
救急専門外来のこと。
病院によっては完全独立化されており専門スタッフが待機する。そうした地域の中核ERに救急患者は原則、最優先で搬送される。
ただし、日米では救急外来の方式は異なる。日本では軽症、中症までは救急外来ではなく診療科に回される。研修医は救急医療行為に参加できない。

TVドラマ:
正式名は『ER緊急救命室』。
NBCネットワークの人気TVシリーズ。
NHK衛星第2にて放送。
ジョージ・クルーニーの出世作。
→[keyword:「ER」]

*TVGROOVE.COM ER緊急救命室より

「ジュラシック・パーク」の制作者が手がける
臨場感あふれるジェットコースタードラマ  
  マイケル・クライトンとスティーブン・スピルバーグ、このコンビでまず頭に浮かぶのは大ヒット映画「ジュラシック・パーク」。この二人が手がけたドラマが始まる!となれば誰もが大きな期待をして当然だ。そして「ER 緊急救命室」は、そんな視聴者の期待に見事に応え、全米は言うに及ばず世界中の人々を画面に釘付けにした。

舞台がER(緊急救命室)とあっては当然と言っては当然なのだが、とにかく次から次へと様々な症状の患者が運ばれてくる。緊迫するERで一刻を争いながら懸命に治療にあたるドクターやナースたちは視聴者を画面の中のERに引きこんでいく。加えてこのドラマで特筆すべきは巧妙なカメラワーク。自分がERの現場にいるような錯覚すら起こさせる。

もちろん登場するキャラクターたちも視聴者を惹きつける大きな要因だ。このドラマの主役たちの多くはインターンやレジデント(研修医)。ドクターとして経験も浅く、とまどうことの多い彼らは医療現場を普段身近に感じていない多くの視聴者と同じ視線で目の前の光景を見ている。視聴者は、親近感を感じ、彼らのドラマの登場人物の喜び、悲しみ、悩みを共有し、知らず知らずのうちにERスタッフの一員であるかのように感情移入してこのドラマを楽しんでいる。

また、登場人物のキャラクターが実にしっかり作り上げられていて、人物描写が実にリアル。「この人うちの会社(クラス)の○×さんみたい・・・・」と感じる人物が少なからず登場し、また「この人の気持ちわかるな〜」と自分をダブらせるキャラクターもいて、彼らをまるで自分の仲間のように感じてしまう。

1エピソード50分。民放の15分おきのCMになれている人たちにとっては50分ぶっ通しのドラマは長すぎるかもしれないが、ERに限って視聴者に「長すぎる」と思わせることはないであろう。運ばれてくる数々の患者や一人一人のドクターやナースたちが活躍するシーンが次から次へと画面に映し出され、お腹をかかえて笑ったかと思うと、次のシーンで悲嘆に暮れて涙してしまう。まるでERという名のジェットコースターに登場人物たちと一緒に乗っているかのようなすごい臨場感で見るものを圧倒し、決して飽きさせることがない。50分間もノンストップで楽しめる、こんなすごいジェットコースターを見逃す手はない。


*シーズンIXの主要キャスト
-ジョン・カーター
--ノア・ワイリー
---Noah Wyle
-ケリー・ウィーパー
--ローラ・イネス
---Laura Innes
-グレゴリー・ブラット
--メキー・ファイファー
---Mekhi Phifer
-エリザベス・コーデイ
--アレックス・キングストン
---Alex Kingston
-ルカ・コバッチェ
--ゴラン・ヴィシュニック
---Goran Visnjic
-アビー・ロックハート
--モーラ・ティアニー
---Maura Tierney
-スーザン・ルイス
--シェリー・ストリングフィールド
---Sherry Stringfield
-ジン・メイ・チェン
--ミン・ナ
---Ming-Na
-マイケル・ガラント
--シャリフ・アトキンス
---Sharif Atkins
-ロバート・ロマノ
--ポール・マクレーン
---Paul Mccrane
<BR>
⇒[[リスト::海外ドラマ]]