名波浩@20150311173409

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィルダー。
1972年11月28日生まれ。静岡県藤枝市出身。身長177cm、体重70kg。血液型AB型。利き足は左。


ジュビロ磐田で司令塔として活躍。中山雅史、ドゥンガ、藤田俊哉、奥大介、服部年宏、福西崇史、田中誠らとともに数々のタイトル獲得を果たし、黄金時代を築いた。
サッカー日本代表には1995年にデビュー。背番号10を背負い、中田英寿とのコンビはダブル司令塔といわれた。1998年FIFAワールドカップに出場。2000年AFCアジアカップではMVPを獲得する活躍で優勝に貢献した。国際Aマッチ通算出場67試合、9得点。
ピッチ全体を見渡せる広い視野を持ち、長短共に正確無比なキック精度、創造性豊かなパスセンスでゲームを組み立てる日本最高峰の司令塔。試合展開に応じた巧みなゲームコントロールは、いまだ他者の追随を許さない。ボールタッチやキックのほとんどを左足で行うレフティ。
2008年シーズンをもって現役引退。引退後は解説者を務めていたが、2014年9月、ペリクレス・シャムスカの後任としてジュビロ磐田の監督に就任した。

*所属クラブ
:1985-1987:藤枝市立西益津中学校
:1988-1990:清水市立商業高等学校
:1991-1994:順天堂大学
:1995-1999:ジュビロ磐田
:1999-2000:ACヴェネツィア(イタリア・セリエA)
:2000-2006.8:ジュビロ磐田
:2006.8-2007.1:セレッソ大阪(期限付き移籍)
:2007:東京ヴェルディ1969(期限付き移籍)
:2008:ジュビロ磐田

*指導歴
:2014.9-:ジュビロ磐田 監督

*個人タイトル
-1996 Jリーグカップ ニューヒーロー賞
-1996 Jリーグ ベストイレブン
-1997 Jリーグ ベストイレブン
-1998 アジアサッカー連盟 All Stars (年間ベストイレブンに相当)
-2000 第12回アジアカップ MVP & ベストイレブン
-2000 アジアサッカー連盟 All Stars (年間ベストイレブンに相当)
-2002 Jリーグ ベストイレブン
-2013 Jクロニクルベスト ベストイレブン

[[リスト::サッカー選手]]
[[リスト::サッカー選手::日本/な行]]