片山さつき@20160107234116

政治家(参議院議員)、<span class="deco" style="font-weight:bold;">そして国士である</span>。<span style="font-size:xx-small;">[要出典]</span>


>|
1959年5月9日生まれ。

筑波大学付属中高卒。
東京大学法学部卒。元ミス東大。

女性初の財務省主計局主計官(防衛担当)。
[[舛添要一]]都知事の元奥さん。
|<

東京大学法学部卒後大蔵省。<br />大蔵省在職中、フランス国立行政学院に留学。
2005年総選挙で「刺客」として静岡7区に出馬、当選。<br />第三次小泉内閣で、1年生議員としては初めて経済産業政務官に起用された。
2009年8月30日、第45回衆議院議員選挙で落選。<br />2010年7月11日、第22回参議院議員通常選挙で自民党の比例区公認候補として当選。
2012年、自民党の「生活保護プロジェクトチーム」のメンバーとして、お笑いコンビ・次長課長の河本準一の親族による生活保護費不正受給問題を追及した。

*[] 問題になった発言/行動 []
特に自身のTwitterなどで、良識やリテラシーに欠けると思われる発言をすることでも知られる。
***「[]ハム速[]を守ろう!」・・・[]2ch[]まとめブログとの関係
twitter:211458903379156992:detail
ハム速とは、2chまとめブログ『ハムスター速報』のこと。<br />2chまとめブログはその大部分が余所からの転載(多くの場合無断)で構成され、情報発信の責任の所在が不明で、ガセ情報も多く含まれることから、国会議員のように影響力の大きな人物が利用するのは適切でない。<br />中でも ハム速 は誹謗中傷、意図的なミスリードや過激な扇動などで特に問題視され、このツイートが投稿された当時は2ch掲示板から名指しで転載を禁止されていた。(([http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/04/news035.html:title:bookmark]))<br />その後、他のTwitter利用者から「守るべきなのは、国民と命と生活の方では?」と指摘された片山氏は、「ハム速、正すべきこと正し、保守系として頑張れ、の何が問題?」と正当化した。((twitter:211713459228917760:tree)) <br /><br />片山氏は2013年7月14日にも、2chまとめブログ『カジ速』の「とある雑誌の「女子小学生とセ○クスする方法」というマンガがAUT過ぎる件」という記事にTwitter上で言及している。この記事は、女子小学生が性的な行為に及ぶ内容の漫画を無断転載したもので、加工はされているものの不特定多数の目に触れる場に載せるべきでない画像も含まれているため、批判を受けた。(([http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/katayama_s/status/356089696507539457:title]※現在、元のツイートは削除されているが、「<span style="font-weight:bold;">実際に女子小学生と性行為経験した人物へのインタビューを漫画化した、と記してあり、how to 物で極めて悪質と見えますが、これをどう思われるかご意見下さい!</span>」と言及していた。なお、元の漫画はヒット出版社が発行する『COMIC阿吽』という成人向け商業誌で、恐らく全て創作である。))

***「天賦人権論をとるのは止めよう」
twitter:276893074691604481:detail
として、「人間は生まれながらにして自由・平等であり、幸福を追求する権利がある」(([http://kotobank.jp/word/%25E5%25A4%25A9%25E8%25B3%25A6%25E4%25BA%25BA%25E6%25A8%25A9%25E8%25AB%2596%3fdic=daijisen:title=天賦人権論とは(小学館 大辞泉)- コトバンク]))という考え方を否定し、物議を醸した。
***「んtんとどkzとどkz尾rまたはい異kk」
2012年6月11日、Twitterに、自身のブログ記事の紹介と共に<span class="deco" style="font-weight:bold;">「んtんとどkzとどkz尾rまたはい異kk」</span>と投稿。<br />数分後に「字の消しそこない」と訂正したが、普段の過激な発言とのギャップが一部のネットユーザーを虜にし(([http://togetter.com/li/318682:title:bookmark]))、はてなキーワードにも登録された。<br />詳細は、はてなキーワード「[[んtんとどkzとどkz尾rまたはい異kk]]」へ。

***[]体罰[]肯定
twitter:300268452097179650:detail
自民党・伊吹文明衆院議長(当時)の「体罰を全く否定して教育なんかはできない。この頃は少しそんなことをやると、父親、母親が学校に怒鳴り込んでくるというが、父母がどの程度の愛情を子に持っているのか」という体罰肯定発言を報じるニュースを紹介し、この発言を賞賛した。

***憲法9条がなかったら中国艦を撃つ
2013年7月29日にテレビ朝日で放送された『ビートたけしのTVタックル』において、同年1月に発生した中国艦艇による海上自衛隊護衛艦への射撃用レーダー照射事案について、「9条の1項、2項がなかったら、(自衛隊が)撃っていますよ」などと述べた。<br />自民党は改憲草案で9条の全面改定を掲げている。(([http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-31/2013073102_02_1.html:title:bookmark]))

***[]2ch[]ユーザ疑惑と「(訓令式ローマ字は)お郷が知れる」
twitter:371986820281548800:detail
これは、2ch掲示板の有料会員情報が流出した際、会員の中に『katayama satuki』名義のクレジットカードを登録している者がいると分かり、片山さつき氏2chユーザ疑惑が浮上したことを受けての発言。
訓令式ローマ字では"つ"を"tu"と表記し、文部科学省などでも使われる正式なものである。(([http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19541209001/k19541209001.html:title:bookmark]))<br />なお、[http://www.satsuki-katayama.com/:title=片山さつき 公式ホームページ]の最下部には「Copyright (c)2010 Sa<span class="deco" style="font-weight:bold;">tu</span>ki Katayama All rights reserved.」と書かれていた。(([http://getnews.jp/archives/406767:title:bookmark]<br/>  [http://hatena.fut573.com/entry/2013/08/27/212258:title:bookmark]※Internet Archiveへのリンクあり))(現在は"tsu"に変更されている) また、首相官邸ホームページの政務官名簿のURLも「katayama_sa<span style="font-weight:bold;">tu</span>ki.[]html[]」となっていた。(([http://megalodon.jp/2013-0827-0106-17/www.kantei.go.jp/jp/96_abe/meibo/seimukan/katayama_satuki.html:title]※元ページは削除されているので、ウェブ魚拓へのリンク))

***[]御嶽山噴火被害[]は民主党のせい?
2014年9月28日、前日に起きた御嶽山の噴火を受けて、Twitterで<span class="deco" style="font-weight:bold;">「22年の民主政権事業仕分けで常時監視の対象から御嶽山ははずれ、政権奪還後漸く予算共々少し戻せた」</span>と発言(現在は削除)。ネット上では民主党や『仕分け人』だった経済評論家の勝間和代氏に非難が集まった。(([http://withnews.jp/article/f0140930003qq000000000000000W00b0101qq000010907A:title:bookmark]))<br />これに対し、民主党は事実無根だとして抗議し、(([http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014093001020:title:bookmark])) 自民党の吉田博美国会対策委員長が「事実に基づかない批判だった」として片山氏に口頭で注意した。気象庁によると、観測体制が弱められた事実はないという。(((掲載期間終了)[http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141001-OYT1T50144.html:title=「民主が観測弱めた」は事実誤認…片山氏が謝罪 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE):bookmark]))<br />片山氏はTwitterなどで謝罪した。 twitter:517211735564906496:detail

***中立な立場でありながら、政府答弁書を読む
2014年10月21日の参議院 外交防衛委員会で委員長を務めていた片山氏は、「公正中立であるべき」立場でありながら、事前に入手した政府自民党側の答弁メモを持ち込んでいた。<br />これに対して野党は猛反発し、質疑が中断したまま委員会は終了した。
翌22日、片山氏は委員会の理事懇談会の場で「大変軽率な行為であったことを深く反省している」と謝罪した。<br />同じ場で、自民党の吉田博美参院国対委員長(当時)は、「次はない」と片山氏に通告したと明かし、問題を繰り返せば委員長を交代させる考えを示した。(([http://www.news24.jp/articles/2014/10/21/04261848.html:title]<br />  [http://www.news24.jp/articles/2014/10/22/04261894.html:title]<br />  [http://www.at-s.com/news/article/politics/national/15659.html:title] ([http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102201001117.html:title=共同通信の元記事][]はリンク切れ[])))

***委員長を務める理事懇談会に遅刻
2015年3月30日、自身が委員長を務める参議院 外交防衛委員会 理事懇談会に3分ほど遅刻した。これに対し野党が抗議して退席。会議は見送られた。<br />片山氏は「どんな理由であれ、遅刻しない方がいい」(30日)「申し訳ない。責任を痛感している」(31日)と反省の弁を述べた。<br />EU幹部との面会を切り上げられなかったのが遅刻の理由だとしている。

***その他
その他、注目された片山氏のTwitter発言は、はてなブックマークで確認できます。<br />→[http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=count&url=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fkatayama_s:title]

*参考