思考盗聴@20160324035947

思考盗聴とは、対象の思考を盗聴する事である。

*嘘?本当?それとも病気?
思考盗聴が実際に存在するのか、それは嘘なのか本当なのか、あるいは病気による妄想なのか、それは場合により異なるであろうが、2016年現在、様々な脳の活動を測定する器具が存在している。それを使って対象の思考を把握したり、またそれらとその他器具を使って[[I/O]]ループを形成する事で機器の操作((参考:[https://wired.jp/2007/05/15/%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%8C%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E2%80%95%E2%80%95%E8%84%B3%E6%B3%A2%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%A7id%E8%AA%8D%E8%A8%BC1/:title]))や[[コミュニケーション]]等((参考:[https://wired.jp/2015/06/23/brain-to-text-tech/:title]))を行う研究が活発になされており、かなり活発な動きのある状況である。[[内声]]を聞く、考えている事を知る、等、ある程度思考盗聴に成功していると言ってよい状態であり((接触式の[[脳波計]]だけではなく、[[電磁波]]の[[測定]](特定波長のレーザー等を照射して反射波を測定する等)等、様々な形で脳の活動を測定出来るので、別に古典的な「頭に電極」でなくても可能であるだろう。))、あるのか無いのかで言うと、「ある」と言える状況であると思われる。
知らない内に[[NIRS]]((ただ[[電磁波]]の[[周波数]]は別に[[赤外線]]波長でなくても良いだろう。))の被験者になっていた、などありえそうな話ではある。

*ただ、やはり…
しかしやはり、こんな事を言い出すと、[[精神科医]]に[[精神科病院]]に[[強制入院]]させられたりするのではないかと思われる((おかしな話ではある。なんでだろう。彼らは脳神経に関する知識はあるのであるし、この様な技術がある事について知らないはずは無いのであるが。「もしかして→[[カマトト]]」事態である疑いを持ってみる価値はあるかもしれない。))。
「それでも思考盗聴はあるんだ!」と言うのは勝手であるが、言うのであれば科学的根拠をガチガチに固めて行うのが望ましいだろう。

*関係
[[サトラレ]]
[[超能力]]
[[脳波計]]
[[テンペスト技術]]
[[NIRS]]
[[レーザー測定]]
[[精神科医]]