海と毒薬@20160416205651

『海と毒薬』とは、[[遠藤周作]]の小説であり、太平洋戦争中に捕虜となった米兵が臨床実験の被験者として使用された事件(九州大学生体解剖事件((作中では九州帝国大学ではなく「F市の大学病院」)))を題材とした小説である。


*参考リンク
[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E3%81%A8%E6%AF%92%E8%96%AC:title]
[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E4%BD%93%E8%A7%A3%E5%89%96%E4%BA%8B%E4%BB%B6:title]

*関連
[[人体実験]]
[[九州大学]]