ユニコーン@20041005143338

西洋の架空の動物で、一角獣と訳される。
ギリシャ・ローマ時代には、馬の胴体と鹿の頭、象の足、猪の尾を持ち非常に獰猛な性格をしているとする説があった。
フランスの作家フローベールが作品の中で一角の美しい白馬としてユニコーンを登場させ、現在ではその姿が一般的なイメージとなっている。