ロングトーン@20051121002751

楽器の練習において1つの音を長時間鳴らし、音程やピッチを正確に保つ練習。
楽器の練習においてこれが最も基本となる練習法である。


吹く拍の長さは場合によってまちまちだが、たいていの場合四分音符=60〜80で
6拍〜12拍が相場である。