森やすじ@20060508164757

アニメーター、絵本作家。1925〜1992
日本における最初の本格的な商業用アニメーション製作会社・東映動画(現・東映アニメーション)に発足当初から参加し、同社草創期の作画部門において大工原章らとともに指導的な役割を果たす。以後長年にわたり、数々の児童向けアニメーション映画・テレビ番組制作に携わる。


アニメーション制作に対する真摯な姿勢と誠実な人柄により、大塚康生、高畑勲、小田部羊一、宮崎駿ら、数多くの後進に影響を与えてきた。その中には「アニメーションの神様」という最大限の表現をもって讃える関係者も少なくないという。


*別表記
[[森康二]]


*略歴
1925年1月28日、鳥取県鳥取市にて出生。幼少期を台湾で過ごす。 
1948年、東京美術学校(現・東京芸術大学)建築科卒業。卒業制作は動物園の設計。 
1948年、日本動画(社長・山本早苗)入社。政岡憲三に師事する。この他同社には、藪下泰司、熊川正雄らが在籍していた。 
1950年、縫夫人と結婚。 
1950年、経営不振により日本動画は社員全員を解雇。小学館の学年誌から挿絵の仕事を請け負ったり、一時西武百貨店宣伝部に勤務するなどして糊口をしのぐ。 
1956年、再建された日動映画に再入社。同年東映傘下に入り、東映動画に改組される。 
1973年、東映動画退社。ズイヨー映像に移籍。 
1975年、日本アニメーションへ移籍。 
1992年9月5日、肝臓癌のため死去。享年67。 


*主な作品
トラちゃんと花嫁(1948年) 彩色 
ポッポやさん のんき駅長(1948年) 動画 
小人と青虫(1950年) 原画 
子うさぎものがたり(1954年) 原画・演出 
黒いきこりと白いきこり (1956年) 脚色・原画 
こねこのらくがき (1957年) 原画・絵コンテ 
白蛇伝 (1958年) 原画 
こねこのスタジオ (1959年) 演出・原画 
少年猿飛佐助 (1959年) 原画 
西遊記(1960年) 作画監督 
安寿と厨子王丸 (1961年) 原画 
わんぱく王子の大蛇退治 (1963年) 作画監督 
ガリバーの宇宙旅行 (1965年) 原画 
宇宙パトロール・ポッパ (1965年) 作画監督 
ハッスルパンチ (1965年) 原案・作画監督 
太陽の王子ホルスの大冒険 (1968年) 原画 
長靴をはいた猫 (1969年) 作画監督 
どうぶつ宝島 (1971年) 作画監督 
アリババと40匹の盗賊 (1971年) 原画 
ながぐつ三銃士 (1972年) 作画監督 
山ねずみロッキーチャック (1973年) 作画監督 
アルプスの少女ハイジ (1974年) オープニング作画 
フランダースの犬 (1975年) キャラクターデザイン 
草原の少女ローラ (1975年) キャラクターデザイン 
シートン動物記 くまの子ジャッキー (1977年) キャラクターデザイン 
ペリーヌ物語 (1978年) レイアウト 
未来少年コナン (1978年) 原画 
シートン動物記 りすのバナー (1979年) キャラクターデザイン 
フーセンのドラ太郎 (1981年) キャラクターデザイン 
ふしぎなコアラ・ブリンキー (1984年)レイアウト監修 
小公女セーラ (1985年) レイアウト 
サンゴ礁伝説 青い海のエルフィ(1986年)絵コンテ 
グリム名作劇場 (1987年) キャラクターデザイン 
おおかみと7ひきのこやぎ (1993年) 監督・キャラクターデザイン 


*著作
「森やすじの動物カット集」(小学館、1980年) 
「アニメーターの自伝 もぐらの歌」(徳間書店、1984年) 


*出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』