サオラー@20060818024514

Saola,武廣牛, ベトナムレイヨウ
Pseudoryx nghetinhensis
ベトナム・ラオス国境地帯の森に棲む牛。体重およそ100キロ。近隣の住民には昔から知られており、狩猟の対象とされていたが、科学者によって1992年に初めて記述され、その後ウシ科の新種であることが確認された。長い角と、顔に特徴的な分泌腺をもつ。
個体数は減少しており、絶滅危惧種(Critically Endangered)とされている。
2000年、台風の140番目のアジア名として選ばれた。