ビタミンD@20060822173929

■主な働き
カルシウムを吸収し、強い骨、歯を形成に不可欠。 
 
■日本の推奨量 :5μg (200IU:目安量 )
■アメリカの推奨する保健量(ODI) :400〜800IU 
 
■成分特性 
肝臓や腎臓で酵素の作用を受け活性型ビタミンDとなるので、肝臓、腎臓の悪い人は不足しがち。-カロチン、ビタミンC、コリン、カルシウム、(リン)と一緒に摂取するのが良い。 
 
■こんな方にお勧め
虫歯の人、骨粗鬆症の人、高齢者、妊婦、太陽光線の少ないスモッグの多いところに住む人や夜勤者、看護婦などの職業の人