ボケ@20070113165949

役割としての「[]ボケ[]」と笑いの要素としての「[]ボケ[]」がある。

1.役割
漫才においておかしなことを言う役割の人。
漫才の組み合わせは[[ボケとツッコミ]]の二者が基本だが、両者の役割が曖昧だったり、両者共といったパターンもある。
常に斬新なネタが必要であり、アイデア勝負で奇想天外な発想が要求される職人。

2.要素
笑いの要素となるようなおかしな言動。そのような言動をすることを「ボケる」という。


:類語:マジボケ、天然ボケ

⇔ツッコミ


:仕分け用語候補群:「ボケーッ」、 「ボケーっ」、 「ボケー」、 「オトボケ」、 「トボケ」、「ボケボケ」 …
><!--
[[ボケーッ]][[ボケーっ]][[ボケー]][[オトボケ]][[トボケ]][[ボケボケ]]
 --><


リスト:[[二文字キーワード]]