空間周波数@20070219130212

主に視覚の特性についての分析で使われる概念。個体を囲む環境から発する光の刺激を、正弦波などで近似すれば、周波数の長い、短いで特性を記述できる。光の刺激を周波数として捉えることにより、偏微分、フーリエ解析などで分析可能となる。