鉄球と磁石@20070427095420

登大遊氏が紹介した、論理的思考を放棄し、感覚的思考を行うために頭に思い浮かべるイメージの一例。
棒状の磁石4個を正方形の形に配置し、その真ん中に鉄球を置き、鉄球がどの磁石にも吸い寄せられないようちょうどつり合った位置に鉄球を置くようイメージする。
なぜ、論理的思考を放棄し、感覚的思考を行うか。
なぜ、上記のイメージ例が感覚的思考のために必要か。
などは、登大遊氏の以下のエントリーを参照されたし。
<a href="http://d.hatena.ne.jp/softether/20070324" >登 大遊@筑波大学情報学類の SoftEther VPN 日記 論理的思考の放棄1</a>
<a href="http://d.hatena.ne.jp/softether/20070325" >登 大遊@筑波大学情報学類の SoftEther VPN 日記 論理的思考の放棄2</a>
<a href="http://d.hatena.ne.jp/softether/20070326" >登 大遊@筑波大学情報学類の SoftEther VPN 日記 論理的思考の放棄3</a>