チントンシャンテントン@20070818170428

三味線を口で教える時に使う擬音。
「チン」は三の糸をおさえて弾く、「トン」は二の糸をおさえないで弾く、など奏法を示している。
こうした三味線の暗譜法を口三味線という。