TrackBack@20071130005629

* TrackBack(トラックバック)とは

他の記事にその記事を話題にした記事のURLと概要を通知する機能、またその通知形式をさだめた枠組み。
この通知する行為をトラックバックする、トラックバックを送るという。通知を受け取ったウェブログは普通、その言及された記事のところに通知された派生記事のURLと概要を一覧表示する。一般に、言及した本人によって送られるものとされている。

リンク元表示機能と違うのは
-読者がリンクを辿ったときではなく関連記事を投稿したとき反映される、
-記事の概要とタイトルも通知される、
ということ。

はてなダイアリーTrackBackシステム も参照。

<a href="id:koseki:20030419#p1">図解</a>(わかりやすいです)。<a href="http://kotonoha.main.jp/weblog/000255_trackback.html">フラッシュによる解説「3分でわかるトラックバック」</a>(わかりやすいです)。

*総合的な説明。
http://sheepman.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?TrackBack

*MTでの使い方。わかりやすい。
http://bloggers.ja.bz/myojin/archives/000035.html

*MovableType公式サイトの解説の翻訳。技術的ではない観点からの紹介。
http://kotonoha.main.jp/weblog/000138_trackbackguide.html

* RSSとトラックバック
http://www.kanzaki.com/docs/sw/rss-trackback.html

*技術的な説明。
-[http://ishinao.net/pukiwiki/?TrackBack]
-[http://mylog.ishinao.net/list.html?q=TrackBack]
-仕様書の翻訳
--http://lowlife.jp/yasusii/stories/8.html

><blockquote>
TrackBack Technical Specification(http://www.movabletype.org/docs/mttrackback.html) 

読むのが面倒な人のために概要を説明すると、 

TrackBack情報の送信は、普通にPOSTする(昔はGETでもOKだった) 
結果はXMLで返ってくる 
受信したTrackBack情報をRSS?(XML)で出力するインターフェースも用意 
各記事に対するTrackBackインターフェースは 
RSSに各記事ごとのTrackBackインターフェース(URL)情報を付加する 
HTML内にRDF情報を埋め込み、そこにTrackBackインターフェース情報を記述する 
といった感じ。送信時にXMLで送らないのは受信側の負荷(および実装コスト)を低減するためかな? 
</blockquote><

*はてなダイアリーから外部へトラックバック送信(2004/3/24〜)
日記編集画面の「トラックバックを送信」(この内容を登録するボタンの横にあります)をクリック。
-[http://hatenadiary.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e9%80%81%e4%bf%a1%e3%81%99%e3%82%8b:title]
参照のこと。

*handtb*手動ではてなの外へ送る方法についてはここを参照。
ブックマークレットをつかう方法。
http://d.hatena.ne.jp/jouno/20030728#1059321758
HTMLファイルを使う方法。
http://d.hatena.ne.jp/jouno/20030414#1050318251

<del>ファイルはshift_jisでつくってください。eucで作りたい方は文字コード指定ももちろん、対応して変えてください。念のため。</del>

できれば、utf-8が今後は望ましいです。

<b>「あなたのサイト名」という項目を置き換えるのを忘れないでください。</b>

おくったあと、画面にxml文書、あるいは0が表示されれば成功です。

>|
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=<b>Shift_JIS</b>">
<script type="text/javascript">
function func(){
document.tbform.action=document.TBurl.tburl.value;
}
</script>

</head>
<body>

このフォームはjavascriptをオンにしないと動作しません。<br>
多分どのヴァージョンでも動くと思います。<br>
いろいろ、好きに改変、再配布してください。<br>
<br>
トラックバックは送るとこちらからは訂正できません。<br>
記入事項がただしいかどうか確認してから送ってください。<br>
とくに、相手記事のトラックバック用urlは間違えないでください。<br>
<font color="red">*</font>がついているのは必須項目です。<br><br>

<form action="" 
method="POST" enctype="application/x-www-form-urlencoded" name="tbform">
<strong>あなたの……</strong><br>
記事のタイトル <input type="text" name="title" value="" size="100"><br>
記事のurl    <input type="text" name="url" value="" size="100"> <font color="red">*</font><br>
記事の内容   <input type="text" name="excerpt" value="" size="100"><br>
<input type="hidden" name="blog_name" value="<b>あなたのサイト名</b>">
<input type="hidden" name="charset" value="<b>Shift_JIS</b>">
<input type="submit" value="TrackBack">
</form>
<hr>
<form name="TBurl">
相手の記事のtrackback用url
<input name="tburl" type="text" value="" size="100" onchange="func()"> <font color="red">*</font>
</form>

</body>
</html>
|<