ssh@20080424184631

sshの編集に戻る

セキュア・シェル(Secure SHell)の意味。エスシェとも読む。
>>
なにが できるのか
-安全なtelnet (rlogin?)
--e.g.: ssh ore@192.168.0.13
-cp コマンドライクな ホスト間ファイル転送 (scp)
--e.g.: scp ore@192.168.0.12:~/eroero.jpg.gz ore@192.168.0.15:~/eroero.jpg.gz 
-FTPライクな ホスト間ファイル転送(ssh-sftp)
ほかにもいろいろできます(port forwarding,-keepallive)
<<

Telnet, rlogin, ftpは、自分のパスワードがネット上を暗号化されないままでネットワーク上を流れています。SSH は (パスワードを含む) すべての通信を暗号化し、ネットワークの盗聴などを排除することができます。 
プロトコルとして、SSH1やSSH2というものがあります(すでにSSH1は古く安全とは言えません)。フリーソフトウェアとしては UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2(SSH1、SSH2 対応。)、Putty(SSH1、SSH2 対応。日本語パッチあり)、OpenSSH(SSHのフリーな実装)などが有名です。PDA上で動くものとしては、Palm OSで動作するpsshというソフトウェアなどもあります。
SSHは、通信の秘匿化のほかに、相手の認証(通信相手が本物かどうか確認すること)にも非常に注意を払っており、たとえば、なりすましを防いだり、パスワードが盗まれただけでは目的のコンピュータにログイン(利用)することができないようにすることもできます。(RSA1/RSA/DSA公開鍵認証+バスワードのみの認証を拒否)

-SSH (Original) 条件付きで無料で使えます
http://ssh.com/

-OpenSSH (sshの法的にフリーな実装)
http://www.openssh.org

-Dropbear SSH server and client (組み込み用途むけsshd)
http://matt.ucc.asn.au/dropbear/dropbear.html

-sshリングサーバ置き場
http://t.ring.gr.jp/archives/net/ssh/

-UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2
http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/

-TTSSH (Windows Teraterm1の拡張機能)
http://www.sakurachan.org/soft/teraterm-j/ttssh/

-puTTY
http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/

-PSSH (Palm/OS)
http://www.sealiesoftware.com/pssh/

-winscp
http://winscp.vse.cz/

-openssh.ipk
りなざうたんはぁはぁ

-「 FTPexplorer 使いてーよー」とか「Iria 使いたてーよー」
http://www.ozawa.ics.keio.ac.jp/~kimura/ssh-forward/index.html

sshの編集に戻る