中島みゆき@20080505131225

中島みゆきの編集に戻る

 :アーティスト :ミュージシャン

なかじま・みゆき(1952〜)。[[シンガー・ソングライター]]。
[[1952年]]2月23日、札幌市生まれ。1975年5月「第9回YAMAHAポピュラーソングコンテスト(ポプコン)」に「傷ついた翼」で入賞。同年9月、シングル「アザミ嬢のララバイ」でキャニオンレコードからデビューし、同年10月「第10回YAMAHAポピュラーソングコンテストつま恋本選会」でグランプリ、11月「第6回世界歌謡祭」でもグランプリを獲得。この「時代」が初のヒット曲、また、名曲として現在までの彼女の代表曲の一つともなっている。他の歌手への提供曲も多数。ニューミュージックの女王として松任谷由実と並び称される。
ラジオやコンサートのMCでは、歌のイメージとは正反対の脱力系トークで人気。

関連語:アーティスト、シンガーソングライター、作詞作曲、歌手、フォークソング、ポップス、ミュージシャン

*記録
様々な記録を打ち立てていて最近話題に。長年の第一線での活躍と根強い人気を物語っている。

**オリコン1位獲得
シングルでは1970年代「わかれうた」(1977年リリース)・1980年代「悪女」(1981年)・1990年代「空と君のあいだに」(1994年)「旅人のうた」(1995年)・2000年代「地上の星/ヘッドライト・テールライト」(2000年)と四世代(decade)に渡りオリコンチャート1位獲得、アルバムでも'70,80,90の三世代(decade)でオリコン第1位を獲得している(詳細は後述)、日本で唯一のアーティスト。

**シングル「地上の星」オリコンシングルチャート100位以内新記録達成
<a href="#hoshi">「地上の星」で…</a>

><hr><
-ディスコグラフィーと各種データ
--シングル、アルバムほかディスコグラフィー [http://www.yamaha-mf.or.jp/art/artist/miyuki/disco.html]
--アルバム
---<a href="#original">オリジナル・アルバム</a> <a href="#live">ライブ</a> <a href="#singles">シングルス・シリーズ</a> <a href="#best">ベスト盤</a>
---<a href="#chartno1">チャート1位獲得アルバム</a>一覧
--<a href="#namirom">DVD-ROM/DVD-VIDEO「なみろむ」</a>
--<a href="#videoclip">VIDEO CRIP集</a>
--<a href="#yakaidvd">夜会&夜会DVD,VC,LD</a>
-<a href="#hoshi">「地上の星」で2002年紅白出演、2003年3月ミリオン達成、2003年5月オリコンシングルチャート100位以内新記録達成</a>
><hr><

*original* オリジナル・アルバム 
(いずれもヤマハミュージックコミュニケーションズ)
**'70年代
-『ASIN:B00005HVAV:title』(1976.4.25) アザミ嬢のララバイ、あぶな坂、時代 ほか
-『ASIN:B00005HVAW:title』(1976.10.25) 流浪(さすらい)の詩(うた)、忘れられるものならば ほか
-『ASIN:B00005HVAX:title』(1977.6.25) 店の名はライフ、ホームにて、時は流れて ほか
-『ASIN:B00005HVAY:title』(1978.4.10) わかれうた、化粧、世情 ほか
-『ASIN:B00005HVAZ:title』(1979.3.21) 根雪、小石のように、狼になりたい 断崖−親愛なる者へ− ほか
-『ASIN:B00005HVB0:title』(1979.11.21) しあわせ芝居、この空を飛べたら、ルージュ、追いかけてヨコハマ ほか

**'80年代
-『ASIN:B00005HVB1:title』(1980.4.5) うらみ・ます、泣きたい夜に、キツネ狩りの歌、蕎麦屋、船を出すのなら九月 〜インストゥルメンタル、エレーン、異国 
-『ASIN:B00005HWRC:title』(1981.3.5) あした天気になれ、ひとり上手、友情、成人世代、夜曲 ほか
-『ASIN:B00005HWRD:title』(1982.3.21) 悪女、捨てるほどの愛でいいから、時刻表、砂の船、歌姫 ほか
-『ASIN:B00005HWRE:title』(1983.3.5) この世に二人だけ、夏土産、誰のせいでもない雨が、ファイト!  ほか
-『ASIN:B00005HWRF:title』(1984.10.24) 僕は青い鳥、幸福論、ひとり、僕たちの将来、はじめまして ほか
-『ASIN:B00005HWRG:title』(1985.4.17) ひとりぼっちで踊らせて、最愛、かもめはかもめ  ほか
-『ASIN:B00005HWRH:title』(1985.11.7) 極楽通りへいらっしゃい、孤独の肖像、ショウ・タイム、ノスタルジア、肩に降る雨 ほか
-『ASIN:B00005HWRI:title』(1986.11.12) あたいの夏休み、シーサイド・コーポラス、やまねこ、HALF、見返り美人、白鳥の歌が聴こえる ほか
-『ASIN:B00005HYAL:title』(1988.3.16) 湾岸24時、御機嫌如何、ミュージシャン、クレンジングクリーム、ローリング ほか
-『ASIN:B00005HYAM:title』(1988.11.16) 野ウサギのように、MEGAMI、涙−Made in tears−、吹雪 ほか
-『ASIN:B00005HYAN:title』(1989.11.15) 黄砂に吹かれて、群衆、ロンリーカナリア、春なのに ほか

**'90年代
-『夜を往け』[ASIN:B00005HYAO](1990.6.13) 夜を往け、あした、新曾根崎心中、北の国の習い、with ほか
-『歌でしか言えない』[ASIN:B00005HYAP](1991.10.23) C.Q. 、おだやかな時代、トーキョー迷子、Maybe、永久欠番、南三条、炎と水 ほか
-『EAST ASIA』[ASIN:B00005HYAQ](1992.10.7) EAST ASIA、浅い眠り、誕生、二隻(そう)の舟、糸 ほか
-『時代 -Time goes around-』[ASIN:B00005HYAR](1993.10.21) 時代、ローリング、夢見る勇気(ちから)、あたし時々おもうの、孤独の肖像1st. 、かもめの歌 ほか
-『LOVE OR NOTHING』[ASIN:B00005J4RD](1994.10.21) 空と君のあいだに、もう桟橋に灯りは点らない、ひまわり"SUNWARD"、流星 ほか
-『10 WINGS』[ASIN:B00005J4RE](1995.10.20) 二隻の舟、泣かないでアマテラス、Maybe、DIAMOND CAGE、I love him ほか
-『パラダイス・カフェ』[ASIN:B00005J4RF](1996.10.18) 旅人の歌(2nd Version) 、永遠の嘘をついてくれ、たかが愛、阿檀の木の下で、パラダイス・カフェ ほか
-『わたしの子供になりなさい』[ASIN:B00005J4RG](1998.3.18) わたしの子供になりなさい、命の別名、私たちは春の中で、愛情物語、紅灯の海、4.2.3. ほか
-『日-WINGS』[ASIN:B00005Q8GW](1999.11.3) 竹の歌、NEVER CRY OVER SPILT MILK、いつか夢の中へ ほか
-『月-WINGS』[ASIN:B00005Q8GX](1999.11.3) 1人で生まれて来たのだから、紅い河、SMILE, SMILE、PAIN、白菊 ほか

**2000年代
><dl>
<dt>『短篇集』 [ASIN:B00005HMV2] 2000.11.16</dt>
<dd>地上の星、帰省、夢の通り道を僕は歩いている、後悔、MERRY-GO-ROUND、天使の階段、過ぎゆく夏、結婚、粉雪は忘れ薬、Tell Me, Sister、ヘッドライト・テールライト</dd>
<dt>『心守歌』(こころもりうた) [ASIN:B00005N79X] 2001.11.15</dt>
<dd>囁く雨、相席、樹高千丈 落葉帰根、あのバスに、心守歌、六花、カーニヴァルだったね、ツンドラ・バード、夜行、月迎え、LOVERS ONLY</dd>
<dt>『おとぎばなし-Fairy Ring-』 [ASIN:B00006II9E] 2002.10.23</dt>
<dd>陽紡ぎ唄、シャングリラ、おとぎばなし、雪・月・花、匂いガラス〜安寿子の靴、あの人に似ている、みにくいあひるの子、愛される花 愛されぬ花、裸爪(はだし)のライオン、紫の桜、海よ</dd>
<dt>『恋文』 [ASIN:B0000CEB8Y] 2003.11.19</dt>
<dd>銀の龍の背に乗って、恋とはかぎらない、川風、ミラージュ・ホテル、寄り添う風、情婦の証言、ナイトキャップ・スペシャル、月夜同舟(げつやどうしゅう)、恋文、思い出だけではつらすぎる </dd>
<dt>『いまのきもち』 ASIN:B0003060HE 2004.11.17</dt>
<dd>あぶな坂、わかれうた、怜子、信じ難いもの、この空を飛べたら、あわせ鏡、歌姫、傾斜、横恋慕、この世に二人だけ、はじめまして、どこにいても、土用波</dd>
<dt>『転生』 ASIN:B000BB6JFI 2005.11.16</dt>
<dd>遺失物預り所、帰れない者たちへ、線路の外の風景、メビウスの帯はねじれる、フォーチューン・クッキー、闇夜のテーブル、我が祖国は風の彼方、命のリレー、ミラージュ・ホテル、サーモン・ダンス、無限・軌道</dd>
</dl><

*live*ライブCD, DVD
><dl>
<dt>『歌暦』</dt>
<dd>[ASIN:B00005FP9V] ポニーキャニオン 1987.2.21</dd>
<dd>唯一のライブCD。1986年の12月18〜21日に行なわれた、両国・国技館でのライブを収録。全14曲</dd>
<dd>片想 '86、狼になりたい、悪女、HALF、鳥になって、クリスマスソングを唄うように、阿呆鳥、最悪、F.O.、この世に二人だけ、縁、見返り美人、やまねこ、波の上</dd>
<dt>『中島みゆきライヴ!』  Live at Sony Pictures Studios in L.A.</dt>
<dd>
-CD:[ASIN:B0007G8FI6](YMC) 2005.3.23 SA-CD盤
-DVD:[ASIN:B0007G8FGS] 2005.3.23</dd>
<dd>2004年9月、ロサンゼルスの「ソニー・ピクチャーズ・スタジオ・スコアリング・ステージ」にてライヴ収録された全7曲を収録。※このライブの模様はTVでも放送された。[http://www.tbs.co.jp/program/nakajimamiyukilive_20050105.html:title]、[http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/lineup/o0037.html:title]</dd>
<dd>この空を飛べたら、地上の星、土用波、銀の龍の背に乗って、この世に二人だけ、夜行、歌姫 ※DVDには撮影現場や楽屋でのドキュメント映像も収録。</dd>
</dl><

*singles*シングルス(シングル全収録アルバム)
><dl>
<dt>『Singles』</dt>
<dd>[ASIN:B00005FQ1N](ポニーキャニオン) ASIN:B000219PEE(YMC) 1987.8.21</dd>
<dd>やまねこ/シーサイド・コーポラス/見返り美人/どこにいても/あたいの夏休み/噂/つめたい別れ/ショウ・タイム/孤独の肖像/100人目の恋人/ひとり/海と宝石/あの娘/波の上/横恋慕/忘れな草をもう一度/誘惑/やさしい女/悪女/笑わせるじゃないか/あした天気になれ/杏村から/ひとり上手/悲しみに/かなしみ笑い/霧に走る/りばいばる/ピエロ/おもいで河/ほうせんか/わかれうた/ホームにて/夜風の中から/忘れられるものならば/こんばんわ/強い風はいつも/時代/傷ついた翼/アザミ嬢のララバイ/さよならさよなら</dd>
<dt>『Singles II』</dt>
<dd>[ASIN:B00005FQ1O](ポニーキャニオン) ASIN:B000219PEO(YMC) 1994.4.21</dd>
<dd>時代/最後の女神/ジェラシー・ジェラシー/兆しのシーズン/浅い眠り/親愛なる者へ/誕生/Maybe/トーキョー迷子/見返り美人(2nd Version)/with/笑ってよエンジェル/あした/グッバイガール/涙−Made in tears−/空港日誌/仮面/熱病(2nd Version)/御機嫌如何/シュガー</dd>
<dt>『Singles 2000』</dt>
<dd>[ASIN:B000062VQA] YMC 2002.4.17</dd>
<dd>
-[[地上の星]](NHK総合テレビ「プロジェクトX 挑戦者たち」主題歌)
-[[ヘッドライト・テールライト]](NHK総合テレビ「プロジェクトX 挑戦者たち」エンディングテーマ)
-瞬きもせず(松竹映画「学校・」主題歌)
-私たちは春の中で(映画「大いなる完」主題歌)
-命の別名(TBS系ドラマ「聖者の行進」主題歌)
-糸(TBS系ドラマ「聖者の行進」主題歌)
-愛情物語(テレビ朝日系ドラマ「はみだし刑事-情熱系-」主題歌)
-幸せ
-たかが愛(テレビ朝日系ドラマ「はみだし刑事-情熱系-」主題歌)
-目を開けて最初に君を見たい
-旅人のうた(日本テレビ系ドラマ「家なき子2」主題歌)
-SE・TSU・NA・KU・TE
-空と君のあいだに(日本テレビ系ドラマ「家なき子」主題歌/映画「家なき子」主題歌)
-ファイト!(住友生命"ウイニングライフ"CFイメージソング)
</dd>
</dl><

*best* ベスト盤、トリビュートアルバムのオリジナル盤
><dl>
<dt>ベストアルバム『大吟醸』</dt>
<dd>[ASIN:B00005ULPE] YMC 1996.3.21 ミリオンヒットや新旧の名曲を収めたベスト盤。全14曲収録。</dd>
<dd>空と君のあいだに(シングル・バージョン)、悪女、あした、最後の女神、浅い眠り、ルージュ、誕生、時代、わかれうた、ひとり上手、慟哭、狼になりたい、旅人のうた、ファイト!</dd>
<dt>『大銀幕』</dt>
<dd>[ASIN:B00005FQEA] ポニーキャニオン 1998.11.6 映画やドラマなどで使われた曲を集めたベスト的アルバム。全10曲収録。</dd>
<dd>糸、命の別名、たかが愛、愛情物語、世情、with、私たちは春の中で、眠らないで、二隻の舟、瞬きもせず</dd>
<dt>『元気ですか』</dt>
<dd>[ASIN:B000FFK0FU] YMC 2006.6.14 「元気ですか」をキーワードに、最近のカバー・バージョンに加え、新しく録音されたカバー曲を集めたコンピレーション・アルバム『元気ですか』ASIN:B000FI8T5U(本アルバムと同時リリース、2006.6.14発売)と同じ選曲、曲順で構成された中島みゆきオリジナル・バージョン作品集。</dd>
<dd>糸、狼になりたい、時代、化粧、空と君のあいだに、元気ですか、アザミ嬢のララバイ、世情、ファイト!、後悔、ヘッドライト・テールライト、恋文</dd>
</dl><

*chartno1* チャート1位獲得アルバム
3decadesで達成。

><blockquote cite="http://www.mainichi.co.jp/life/music/column/2002/12_2.html" title="Mainichi INTERACTIVE music「Column 歌とラジオ、一人で二度おいしい 中島みゆき」"><
<チャート1位獲得アルバム>
-『親愛なる者へ』(79年)
-『生きていてもいいですか』(80年)
-『臨月』(81年)
-『寒水魚』(82年)
-『予感』(83年)
-『はじめまして』(84年)
-『御色なおし』(85年)
-『miss M.』(85年)
-『歌暦』(87年)
-『グッバイガール』(88年)
-『Love or Nothing』(94年)
-『大吟醸』(ベスト盤、96年)
></blockquote><

*namirom* DVD-ROM/DVD-VIDEO「なみろむ」
><dl>
<dt>なみろむ</dt>
<dd>[ASIN:B00005FPH6] 販売元:ポニーキャニオン 1998.10.21</dd>
<dd><a href="http://www.oracion.co.jp/soft_pop/namiromdv/">発売元オラシオンによる商品説明ページ</a></dd>
<dd>
上記「オラシオン」のページより収録内容抜粋。
-History&Diary 
--1975年のデビューから現在に至るまでの膨大な音楽活動ヒストリーと、インタラクティブダイアリー。
-Discography 
--中島みゆきの全てのオリジナルアルバム、ライブアルバム、オリジナルシングル、ビデオを網羅したディスコグラフィー・データベース完全版。332曲全曲について16bitの高音質で1コーラス聴けます。トータル収録時間は10時間!
</dd>
</dl><

*videoclip* VIDEO CLIP集
><dl>
<dt>THE FILM of Nakajima Miyuki</dt>
<dd>[ASIN:B00005FPSF] DVD:ポニーキャニオン 2000.8.2</dd>
<dd>トーキョー迷子/夜を往け(ゆけ)/見返り美人/黄砂に吹かれて/おだやかな時代/浅い眠り/空と君のあいだに/旅人のうた(2nd Version)/たかが愛/二隻の舟(95年「夜会展」より)/竹の歌</dd>
<dt>歌姫 Live in L.A.</dt>
<dd>[ASIN:B0006JJW3G] DVD:ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2004.12.23</dd>
<dd>プロモーションビデオ集。収録作品:歌姫(2004年9月、ロサンゼルス、ソニー・ピクチャーズ・スタジオ、[[スコアリング]]・ステージにてライブ収録)、銀の龍の背に乗って、囁く雨、地上の星</dd>
</dl><

*yakaidvd* 夜会&夜会DVD,VC,LD
(DVDはYMC、海嘯DVDとVC・LDはポニーキャニオン)
><dl>
<dt>夜会</dt>
<dd>1989.11.17〜12.9 於:渋谷Bunkamura[[シアターコクーン]] 20回公演</dd>
<dt>夜会1990</dt>
<dd>1990.11.18〜12.8 シアターコクーン 20回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00001 [ASIN:B00005HOIK] 90分(2000.11.22)
-VC:PCVP-50648 [ASIN:B00005FVLN] 80分(1991.11.7)
-LD:PCLP-00214 (1991.11.21)
</dd>
<dt>夜会VOL.3「KANTAN(邯鄲)」</dt>
<dd>1991.11.13〜12.7 シアターコクーン 20回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00002 [ASIN:B00005HOIL] 122分(2000.11.22)
-VC:PCVP-51011 [ASIN:B00005FVLZ] 122分(1992.10.21)
-LD:PCLP-00383 (1991.10.21)
</dd>
<dt>夜会VOL.4「金環蝕」</dt>
<dd>1992.11.12〜12.11 シアターコクーン 23回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00003 [ASIN:B00005HOIM] 121分(2000.11.22)
-VC:PCVP-51293 [ASIN:B00005FVMS] 131分(1993.11.3)
-LD:PCLP-00481 (1993.11.3)
</dd>
<dt>夜会VOL.5「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に」</dt>
<dd>1993.11.14〜12.11 シアターコクーン 22回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00004 [ASIN:B00005HOIN] 160分(2000.11.22)
-VC:PCVP-51527 [ASIN:B00005FVN8] 160分(1994.11.2)
-LD:PCLP-00531 (1994.11.2)
</dd>
<dd>
-ドキュメント夜会VOL.5「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に」
--VC:PCVP-51528 [ASIN:B00005FVN9] 88分(1994.11.2)
--LD:PCLP-00532 (1994.11.2)
</dd>
<dt>夜会VOL.6「シャングリラ」</dt>
<dd>1994.11.11〜12.10 シアターコクーン 23回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00005 [ASIN:B00005HOIO] 135分(2000.11.22)
-VC:PCVP-51742 [ASIN:B00005FVO2] 137分(1995.11.1)
-LD:PCLP-00577 (1995.11.1)
</dd>
<dt>夜会VOL.7「2/2」</dt>
<dd>1995.11.28〜12.25 シアターコクーン 23回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00006 [ASIN:B00005HOIP] 145分(2000.11.22)
-VC:PCVP-51942 [ASIN:B00005FVON] 145分(1996.11.7)
-LD:PCLP-00614 (1996.11.7)
</dd>
<dt>夜会VOL.8「問う女」</dt>
<dd>1996.11.25〜12.25 シアターコクーン 24回公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-00007 [ASIN:B00005HOIQ] 122分(2000.11.22)
-VC:PCVP-52235 [ASIN:B00005FVPT] 107分(1997.11.19)
-LD:PCLP-00660 (1997.11.19)
</dd>
<dt>夜会VOL.9「2/2」</dt>
<dd>1997.11.25〜12.27 シアターコクーン 25回公演</dd>
<dt>夜会VOL.10「海嘯」</dt>
<dd>1998.11.23〜12.25 シアターコクーン 25回公演</dd>
<dd>
-DVD:PCBP-00159 [ASIN:B00005FPQF] 120分(2000.1.19)
-VC:PCVP-52090 [ASIN:B00005FVRT] 120分(1999.12.1)
</dd>
<dt>夜会VOL.11「ウィンター・ガーデン」</dt>
<dd>2000.11.22〜12.25 シアターコクーン 26回公演</dd>
<dt>夜会VOL.12「ウィンター・ガーデン」</dt>
<dd>2002.11.26〜12.24 シアターコクーン 22回公演</dd>
<dt>夜会VOL.13「24時着0時発」</dt> 
<dd>2004年1月3日(土)〜1月28日(水) シアターコクーン 全20公演</dd>
<dd>
-DVD:YCBW-10002 [ASIN:B00069BN7E] 113分(2004.12.15)
</dd>
<dt>夜会VOL.14「24時着00時発」</dt>
<dd>
-東京公演:2006年1月27日(金)〜2月24日(金) [[青山劇場]] 全22公演
-大阪公演:2006年4月27日(木)〜5月14日(日) [[シアターBRAVA]] 全14回公演
</dd>
</dl><

><dl>
<dt>夜会の軌跡 1989~2002</dt>
<dd>1989年第1回「夜会」から2002年「夜会VOL.12 ウィンターガーデン」までの中から名曲・名場面(一部メドレーを含む)を収録し、夜会の軌跡を辿る作品。</dd>
<dd>DVD:YCBW-00008 [ASIN:B0000E6YWL]</dd>
<dd>
-夜会展より…「二隻の舟」
-「夜会1990」より…「ふたりは」
-「夜会VOL.3 KANTAN」より…「(メドレー)-キツネ狩りの歌〜わかれうた〜ひとり上手」
-「夜会VOL.4 金環蝕」より…「砂の船」
-「夜会VOL.5 花の色はうつりにけりな…」より…「まつりばやし」
-「夜会VOL.6 シャングリラ」より…「(メドレー)黄砂に吹かれて〜思い出させてあげる」
-「夜会VOL.7 2/2」より…「紅い河」
-「夜会VOL.8 問う女」より…「あなたの言葉がわからない」
-「夜会VOL.10 海嘯」より…「白菊」
-「夜会VOL.11 ウィンター・ガーデン」より…「(メドレー)ツンドラ・バード〜陽紡ぎ唄〜朱色の花を抱きしめて」「六花」※共演者・谷山浩子が歌っている場面も
-「夜会VOL.12 ウィンター・ガーデン」より…「街路樹」「氷脈」「記憶」
-(特典映像)「夜会オフショット・ギャラリー」</dd>
</dl><

*hoshi*「地上の星/ヘッドライト・テールライト」(2000.07.19)[ASIN:B000059O0N]で

※<a href="http://www.kepco.co.jp/" title="関西電力">関西電力</a>><a href="http://www.kepco.co.jp/media/nhk/">「NHK紅白」中島みゆきさん黒四発電所から生中継。舞台裏レポート!</a>

+2002年紅白に中継出演。黒四ダムで「地上の星」を熱唱。以来、メディアが急に取り上げるようになった。
--少し前までは、中島みゆきを聴くことファンであること=「[[根暗]]」(死語?)と烙印を押されることであり、こそっとCD買ってたときもあったよーな気がしていたが……。
+2003年3月24日付オリコン調べでミリオンセラー(売上100万枚)を達成。
--初チャートインは2000年7月31日の15位で、ミリオン達成は139週目の快挙。これは同誌史上、過去最長期間を経ての記録達成となる(第2位は千昌夫の『北国の春』の92週)。
--朝日新聞「SMAP新曲2週、「地上の星」139週で百万枚突破」(3/17 asahi.com) [http://www.asahi.com/culture/update/0317/007.html]
--毎日新聞「中島みゆきさん:「地上の星」100万枚突破 過去最長期間」(3/17 Mainichi INTERACTIVE) [http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20030318k0000m040109001c.html]
+2003年5月26日付のオリコン・シングルチャートで、100位以内にチャートイン通算148週となり、杉良太郎の『すきま風』の147週を抜いて新記録を達成した。
--朝日新聞「「地上の星」、歴代ロングセラー記録1位に」(5/19 asahi.com)[http://www.asahi.com/culture/update/0519/014.html]
--デイリースポーツ「148週だ!中島みゆき新記録!」(5/19 デイリースポーツonline)[http://www.daily.co.jp/newsflash/2003/05/19/082677.shtml]
+12月1日付オリコン・シングルチャートでついに100位圏外にランクダウン。連続チャートインは174週で途切れた。

*当ページ掲載ジャケット写真
『月-WINGS』[ASIN:B00005Q8GX](1999.11.3)

*その他
天理教信者。修養科にも参加していた。信者であることを隠すため、3ヶ月の修行の間はずっとマスクをしていた。当時宿泊していた詰所は第33母屋「洲本詰所」。現在でも、自分が天理教信者であることを隠している。

*関連キーワード
- 瀬尾一三

中島みゆきの編集に戻る