それからとは
【それから】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:546]読書 
 夏目漱石の作。初出:明治42年6月〜10月「朝日新聞
 連載に先立って、作者が新聞に発表した予告の中に、「『三四郎』の主人公はあの通り単純であるが、此主人公はそれから後の男である」という部分がある。これは、もっと思考が深化した時代のインテリの立場や考え方をあつかうという意味である。
 知識人の心理を分析したところに、この作品の新しさがあり、さらに愛の問題を掘り下げて考えた点で、真の恋愛小説とよぶにふさわしい作品であろう。
 
それから (新潮文庫)
夏目漱石
新潮社
それから (岩波文庫)
夏目漱石
岩波書店
三四郎 (新潮文庫)
夏目漱石
新潮社
■関連キーワード
三四郎 / 夏目漱石 / ジャストシステム / 坊っちゃん
[emoji:02A]最終更新日08/8/28
[emoji:510]「それから」関連商品
それから・門 (文春文庫) それから [DVD] 門 (新潮文庫) ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~
Wikipedia では
それから』は、夏目漱石小説1909年朝日新聞に連載。翌年1月春陽堂より刊行。『三四郎』(1908年)・『それから』(1909年)・『門』(1910年)によって前期三部作をなす。 定職に就かず、親から仕送りで裕福な生活を送る代助が、友人の妻である千代とともに生きる決...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「それから」をもっと検索
[emoji:814]「それから」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る