ヤマト運輸とは
【やまとうんゆ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
ヤマト運輸 画像
[emoji:B85]画像を拡大
ヤマトホールディングス傘下の運送業者
事業内容
クロネコヤマト宅急便クロネコメール便を中心とした一般消費者・企業向け小口貨物輸送サービス事業
英語名:YAMATO TRANSPORT CO., LTD.
本社所在地
東京都中央区銀座
年表
2005年11月 - 持株会社 ヤマトホールディングス株式会社社名変更し、全事業は「ヤマト運輸分割準備株式会社」へ分割。後「ヤマト運輸株式会社」へ社名変更
2005年3月31日 - 純粋持株会社への移行時に全事業を承継させる「ヤマト運輸分割準備株式会社」を設立
2004年7月 - クロネコメール便セブンイレブン・ジャパン全店で開始
2003年 - 東京国際空港新千歳空港で運行された深夜フライト便を利用した、関東(1都7県)と北海道間を一晩で結ぶ超速宅急便のサービス開始
1997年 - 小笠原母島父島)への拡大。離島を含む全国ネットワークの完成。
1996年 - 年中無休化(以前は年末年始に休業していた)、伊豆七島への拡大。
1976年 - 大手企業からの専属配送事業から脱却
1976年 - 関東地方を対象にした「宅急便」サービスの開始
1929年 - 日本初の路線トラック事業(東京-横浜間)
1923年 - 三越の専属配送契約
1919年 - 創業
主なサービス商品
クロネコヤマト宅急便
宅急便コンパクト(宅急便より小型・軽量の荷物の運送に勧められる。ただし梱包資材はヤマト運輸指定の小箱または封筒型に限定され(運送費と別に梱包資材料として別途65円を要する)、運送事故時の補償額は3万円までの上限がある。なお、通常の宅急便は30万円までの補償がある。)
クロネコDM便(旧・クロネコメール便だが、いわゆる「信書」の同封の有無が問題となり、一般の顧客が単発で利用することができなくなった)
ヤマト便(3辺合計160センチ・重さ25キロを超える荷物
■関連キーワード
メール便 / ライブドア / Google / 小笠原諸島
[emoji:02A]最終更新日16/6/1
[emoji:510]「ヤマト運輸」関連商品
トミカサイズ ヤマト運輸 ミニカー w号車、クール、10tトラック 三台セット ヤマト運輸株式会社 ダンボール 宅急便コンパクト 専用 薄型 梱包箱 20枚 【ヤマト運輸】クロネコヤマトミニカー【ウォークスルーW号車】宅配車/配達トラック【非売品】【はたらくくるま】【お子様のプレゼントに!】 小倉昌男 経営学
[emoji:B85]「ヤマト運輸」をもっと検索
[emoji:814]「ヤマト運輸」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る