リタリンとは
【りたりん】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:B56]サイエンス 
医薬品 (劇薬、向精神薬、指定医薬品、要指示医薬品)
塩酸メチルフェニデートを主成分(1錠中塩酸メチルフェニデート10mg)とする中枢神経刺激薬。中枢興奮作用はメタンフェタミンと同様の作用機序による。
ナルコレプシー(睡眠障害)の治療薬として用いられる。ADHD(注意欠陥多動障害)にも効果があるが、日本においては適用外処方である。うつ病への効果は議論が分かれているが、現在では否定的な見解が主流である。諸外国では、うつ病に適応を認めている国は存在しない。
なお、本薬剤による一部の患者の乱用が社会的問題になったことを鑑み、うつ病への本薬剤の適用は除外されることになった。また、本薬剤を処方できる医師・医療機関調剤できる薬局はノバルティスファーマ社が定める第三者委員会(リタリン流通管理委員会)によって指定された者のみに限定するよう流通管理の規制が2008年1月1日より実施された。
塩酸メチルフェニデートの徐放錠としてはコンサータがある。
【効能又は効果】
ナルコレプシー
【用法及び用量】
ナルコレプシーには、塩酸メチルフェニデートとして、通常成人1日20〜60mgを1〜2回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
【使用上の注意】
1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
􏍁 てんかん又はその既往歴のある患者〔痙攣閾値を低下させ、発作を誘発させるおそれがある。〕
副作用
承認時まで及び承認後の副作用調査例数の累計325例中201例(61.9%)に副作用が認められ、主な症状としては口渇(32.9%)、頭痛(14.8%)、発汗(24.3%)、食欲減退(16.9%)等がみられている。(本剤はうつ病については副作用頻度が明確となる調査を実施していないため、ナルコレプシーについて行われた調査を集計した。)
􏎁 重大な副作用(頻度不明)
1)剥脱性皮膚炎:症状があらわれた場合は投与を中止し、適切な処置を行うこと。
2)脳動脈炎及び梗塞、狭心症:症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
3)悪性症候群
投与中止すべき副作用
1)過敏症(発疹3.5%、紅斑、関節痛)
2)痙攣、常同運動、運動亢進、中毒性精神障害
【過量投与】
徴候、症状:主に中枢神経系の過剰刺激及び過度の交感神経興奮に起因する次の諸症状嘔吐、激越、振戦、反射亢進、筋攣縮、痙攣(昏睡を続発することがある)、多幸感、錯乱、幻覚せん妄、発汗、潮紅、頭痛、高熱、頻脈、心悸亢進、不整脈、高血圧、散瞳、粘膜乾燥
処置:症状に応じた支持療法を行う。自己損傷の防止、過刺激症状をさらに悪化させる外部刺激の排除に留意。 (続きがあります)
[emoji:03E]次へ
■関連キーワード
打ち切り / 精神科 / バングラデシュ / 覚醒剤
[emoji:02A]最終更新日15/4/13
[emoji:510]「リタリン」関連商品
リタリンを飲むなら、知っておきたいこと リタリンをこえて効用と限界 リタリン構造式,一般名,化学名入り M 奇跡の足跡、さよならリタリン [DVD]
Wikipedia では
リタリンの錠剤 メチルフェニデート構造 メチルフェニデート (Methylphenidate, MPH) はナルコレプシーならびに18才未満の注意欠陥多動性障害ADHD患者に対して使われる、アンフェタミン類似した中枢神経刺激薬である慢性疲労症候群といった症状に対しても効果があ...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「リタリン」をもっと検索
[emoji:4CE]「リタリン」のニュース
[emoji:814]「リタリン」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る