アメリカンフットボールとは
【あめりかんふっとぼーる】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:7D3]スポーツ 
球技の一つ。米式蹴球、鎧球とも。サッカー(アソシエーション・フットボール)がお父さん、ラグビー(ラグビー・フットボール)がお兄さんという表現もある。ラグビーとちょうど対極に当たる進化をした競技。国際的にはまだまだ普及していないが、アメリカ人の国民的娯楽の地位は既にベースボールからアメフトに移行している。
呼び方
アメリカでは単に"Football"でアメリカンフットボールのことを指す。日本でも関係者とかコアなファンは「フットボール」と呼ぶが、一般的には「アメフト」という呼び方が最もポピュラー。一部には「アメラグ」という呼び方もあるが、不思議なことに「アメリカン・ラグビー」という競技は存在しない。
なお、一部新聞社などは「アメフット」と表記する。
ラグビーとの大きな違い
  • 人工芝でプレーする事がある。
  • 前へのパスが可能
  • スクラムがない。
  • 攻守がはっきりしている
etc
ポジション
ルール
  • フィールド
    • 長辺120ヤード(約109.73メートル)、短辺53ヤード4フィート(約48.78メートル)の長方形からなる。両端に各10ヤード幅のエンドゾーンと呼ばれるゴールエリアがある。日本のTV中継などでは、たまにアナウンサーが「ピッチ」と言ってるが、そうは呼ばない。「フィールド」が一般的。
  • ボール
    • ラグビーボールの様な楕円形だが、前にパスを投げられるので、投げやすいように一回り小さい。
    • 基本は革製だが、雨天時用にゴム製も使用される場合がある。
  • 防具とユニフォーム
    • 細かいルールはいろいろあるが、ボールを持っているプレーヤー以外にもコンタクト(ぶつかり合い)が認められており大変危険なので選手はヘルメットやショルダーパッドなど、総重量6Kg以上にもなるプロテクターを装備して試合に臨む。さらに防具の上から妙にピッチリしたユニフォームを身につけている。たいていのフットボーラーは、防具の選定、ユニフォームの着こなしなど、見た目のかっこよさにこだわる。
ゲームの流れ
オフェンスとディフェンス各11人がフィールド上で、楕円球のボールを相手チームのエンドゾーンへ持ち込むか、フィールドゴールを成功させることにより得点を競う。アメリカンフットボールラグビーと違う最大の点は前方へのパス(フォワードパス)を投げられることだろう。(ただし、フォワードパスは1回の攻撃につき1回だけ許される)オフェンス(攻撃)にはファーストダウンからフォースダウンまで4回の攻撃の機会が与えられ、ディフェンスはオフェンスの進撃を阻止しようとする。オフェンスが4回の攻撃で10ヤード以上ボールを進めると、次のファーストダウンが得られる。こうして攻撃を継続して得点できれば、得点したチームがキックオフを行う。4回の攻撃で10ヤード進めなかった場合、攻撃権は相手チームに移る。4回目の攻撃で10ヤード進めなかった場合、その地点で攻守交替となるので、3回の攻撃で10ヤード進めなかった場合、4回目の攻撃を放棄して、パントキックによる陣地の回復を図ることが多い。 (続きがあります)
[emoji:03E]次へ
■関連キーワード
ラグビー / 打ち切り / バレーボール / サッカー
[emoji:02A]最終更新日07/12/19
[emoji:510]「アメリカンフットボール」関連商品
アメリカンフットボール 最強の戦術論 ~試合運びから観戦のコツまで徹底図解~ (コツがわかる本!) すぐわかるアメリカンフットボールルールと試合 molten(モルテン) フラッグフットボール ミニ ORG+BL Q3C2500-OB Finoa(フィノア) フレッシュボール アメリカンフットボール 芳香消臭剤 5130
[emoji:B85]「アメリカンフットボール」をもっと検索
[emoji:4CE]「アメリカンフットボール」のニュース
[emoji:539]「アメリカンフットボール」を含むブログ
[emoji:814]「アメリカンフットボール」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る