アドルフ・ヒトラーとは
【あどるふひとらー】
はてなキーワード 無料辞書
アドルフ・ヒトラー 画像
[emoji:B85]画像を拡大
Adolf Hitler1889年4月20日〜1945年4月30日)
 アドルフ・ヒトラードイツの軍人、政治家で、独裁者典型として知られる。彼を模倣した独裁者は数多い。*1
誕生
 オーストリアハンガリー二重帝国とドイツの国境の町、ブラウナウ・アム・インにて税関吏アロイス・ヒトラーと母クララヒトラーの子として1889年4月20日誕生。母クララはアロイスにとっては3番目の妻であった。アドルフという名前は「高貴な狼」を意味する。
兄弟
異母兄アロイス2世私生児1882年 - 1955年、1896 年に家出)
異母姉アンゲラ(1883年 - 1949年
同母兄グスタフ(1885年 - 1887年)
同母姉イーダ(1886年-1888年
同母兄オットー(1887年 - 数日後死亡)
同母弟エドムント(1894年 - 1900年
同母妹パウラ(1896年 - 1960年
優しい母と厳格な父
 父アロイス・ヒトラーは苦学して税関吏になった努力家で、ヒトラーに対して厳格な教育を施した。子供がいうことをきかなければ容赦なく鞭を振るったという。他方、母のクララヒトラーは慈愛に満ちた美しい女性で、ヒトラーを溺愛した。彼女は1907年に乳がんで亡くなるが、当時18歳だったヒトラーは母の死に大変な衝撃を受けたという。クララ看護した医師ユダヤ人であったが、後にヒトラーユダヤ人迫害が激化する中、そのユダヤ人医師アメリカ亡命させた。
 絵がうまく、画家志望であったが、大学入試に失敗。しかし大変な読書家で、図書館にあししげく通っていたという。

第一次世界大戦への従軍
 その後、オーストリア=ハンガリー帝国兵役を逃れるためにバイエルンに移住。が、第一次世界大戦が勃発すると、大ドイツ主義に心酔していたヒトラー愛国心に燃え、わざわざバイエルン王に手紙を書いて入営を嘆願。国籍が違うにもかかわらず(1925年まではオーストリア国籍ドイツ軍(バイエルン軍)に従軍。伝令兵として一兵卒としては異例の一級鉄十字章を受勲するなど大活躍するが、毒ガスにより負傷し、敗戦時は病床にあった。
 ヒトラードイツ革命がドイツ帝国敗戦の原因となったと考えており、共産主義者に対する憎悪を募らせた。また、戦後ドイツに課せられた膨大な賠償金、領土の割譲、国防軍の縮小などドイツにとって苛烈を極めたヴェルサイユ条約体制に対する憤怒も彼の活力となった。
(1/3)
■関連キーワード
第二次世界大戦 / 日本国憲法 / 新渡戸稲造 / スティーブ・ジョブズ
[emoji:510]「アドルフ・ヒトラー」関連商品
わが闘争(上)民族主義的世界観(角川文庫) ドキュメント アドルフ・ヒトラー 狂気の野望 DVD10枚組 ACC-077 写真でたどるアドルフ・ヒトラー:独裁者の幼少期から家族、友人、そしてナチスまで アドルフ・ヒトラー 1 ある精神の形成 (集英社文庫)
[emoji:B83]キーワード「アドルフ・ヒトラー」に戻る

[emoji:836]画面上へ戻る